犬のよくあるお悩み

犬が震える6つの理由【対処法も解説!】

犬が震える6つの理由【対処法も解説!】

「犬が最近よく震えるようになりました…」

「犬が朝だけ震えるんです…」

「震えていて、元気もないです…」

「足が震えていて立てなくなりました…」

など、犬が震えていると「病気だったらどうしよう…」と不安で心配になってしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
犬が震えているときは、病気のときと正常の時があるよ!

この記事では、

  • 犬が震えている理由
  • 病気か正常かを見極めるポイント
  • それぞれの震えの対処法
  • 動物病院に行った方がいいのか

などを、東京で動物病院を運営しているトラまりもが分かりやすく解説いたします。

犬が震える6つの理由

寒くて震えている犬

犬が震える原因は6つあります。

一つずつ解説していきます。

理由①生理的な震え(病気ではない震え)

病気ではなくても、震えることはあります。

  • 寒い
  • 熱がある(悪寒)
  • 怖い
  • 緊張

などがあります。

私たちも、お医者さんに行くときは怖くて震えてしまいますよね…。

犬も怖いときや、緊張すると震えてしまうことはよくあります。

トラまりも
トラまりも
動物病院に来ると震え出したり、雷や飛行機の音が怖くて震える子も多いよ。

その場合は、そういった状況を作り出さないことで対応してあげましょう。

  • 散歩ルートを変えてあげたり、
  • 抱っこしてあげたり、
  • 暖かい場所を作ったり、
  • 「大丈夫だよ」と声をかけてあげたり、

してあげるといいでしょう。

怖かったり緊張している場合には、さすってあげたり、抱っこしてあげるといった「手当て」で効果があることが医学的にも証明されています。▼

トラまりもの手当ての効果1/fゆらぎの効果とオキシトシン分泌で病気のケアができる!
手当ての効果は2つある【医学的にも解明】ペットに触る大切さを解説「手当て」には、1/fゆらぎの効果とオキシトシン分泌作用があり、緊張をほぐしリラックスさせる作用があります。ペットが病気になった時、抱っこしたり触ってあげることはプラスになるという医学的根拠があります。...
トラまりも
トラまりも
雷が苦手な子の場合は、YouTubeとかで雷の音をちょっとずつ聞かせて慣れさせるってのもいいよ!

理由②痛みによる震え

犬が震えている場合、どこかが痛くて震えているというのはよくあります。

  • おなかが痛い
  • 骨(背骨、足、首)が痛い
  • 筋肉が痛い

などがあります。

おなかが痛い場合

おなかが痛い場合は、

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • おなかがきゅるきゅる言う
  • ハアハアする
  • 落ち着きがない
  • 口周りがよだれで濡れている
  • 舌をぺろぺろしている

などが合わせて見られることが多いです。

おなかがキュルキュル言うときの原因はこちら▼

トラまりもの犬のお腹キュルキュル膵炎?祈りのポーズ?正常か病気か見極めポイント!
【犬のお腹がキュルキュル】膵炎?絶食?ご飯は?を全部解決!犬のお腹がキュルキュルいっています!というのはよくあります。あまりにも大きな音で鳴ると、病気なの?と心配してしまいますよね。この記事では、キュルキュルの原因や対処法を分かりやすく解説しています。...

お腹が痛い場合は、安静にして休まさせてあげたり、絶食にして様子をみるようにしましょう。

食べたくないときは、無理にあげず絶食にして下さい。

「絶食の時、お水はあげていいの?」というのもよく聞かれます。

お水は飲めるようにしておいていいでしょう。

気持ち悪いときは、お水をすごく飲みたがります。

またお水を飲んで、ばーって吐こうとする子もいます。

骨や筋肉が痛い場合

また骨や筋肉が痛い場合は、元気がなくなったり、歩き方が変になることが多いです。

足が痛いときは見るべきポイントがあります。▼

トラまりもの犬が急に後ろ足を上げるときに見るべきポイント、原因や対処法などを全部解説!
【犬が後ろ足を突然びっこする、あげる】5つの原因と対処法を獣医師が解説!犬が突然後ろ足をびっこしたり、浮かせていたりすることはよくあります。痛みで上げていることが多いですが、その原因や対処法、対策などをご紹介いたします。...

骨や筋肉が痛い場合は、少なくとも走ったり、ソファーに飛び乗ったりはできないでしょう。

どこかが痛いときは、背中を丸めていて、歩き方がぎこちなかったり、ゆっくりだったりします。

部屋の隅っこの方にいて、出てこないというのもよくあります。

トラまりも
トラまりも
体調が悪いときは、しっぽや耳が下がっていることが多いよ。

体調が悪いときは触ると嫌がる子も多いので、そっとしておいてあげましょう。

一日様子を見て治らなければ、動物病院に伺うようにしましょう。

理由③内分泌の病気(ホルモンの異常)

ホルモンの異常で震えることもよくあります。

代表的なものに、

  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
  • 副腎皮質機能低下症

などがあります。

それぞれ個別で記事があるので、参考にしてみてください。

高齢猫が良くなる病気「甲状腺機能亢進症」についてまとめた記事はコチラから▼

【猫の甲状腺機能亢進症まとめ】獣医師が分かりやすく徹底解説!
【猫の甲状腺機能亢進症まとめ】獣医師が分かりやすく徹底解説!猫の甲状腺機能亢進症はどんな病気でしょうか?この記事では、猫の甲状腺機能亢進症の病態や症状、治療法や予後などを獣医師が分かりやすく解説しています。適切に治療をすれば健康に過ごすことができるので、猫の甲状腺機能亢進症についてしっかり理解しましょう。...

中高齢の犬がよくなる病気「クッシング症候群」について書いた記事はコチラから▼

【犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)まとめ】獣医師が解説!
【犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)まとめ】獣医師が解説!犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)はどんな病気でしょうか?この記事では、犬のクッシング症候群の病態や症状、治療法や予後などを獣医師が分かりやすく解説しています。適切に治療をすれば健康に過ごすことができるので、犬のクッシング症候群についてしっかり理解しましょう。...

中高齢の犬がよくなる病気「甲状腺機能低下症」はコチラを参考にしてください▼

【犬の甲状腺機能低下症まとめ】獣医師が分かりやすく徹底解説!
【犬の甲状腺機能低下症まとめ】獣医師が分かりやすく徹底解説!犬の甲状腺機能低下症はどんな病気でしょうか?この記事では、犬の甲状腺機能低下症の病態や症状、治療法や予後などを獣医師が分かりやすく解説しています。適切に治療をすれば健康に過ごすことができるので、犬の甲状腺機能低下症についてしっかり理解しましょう。...

理由④脳や神経の病気

脳や神経の病気が原因で震えることもあります。

脳神経の病気を疑う場合は、MRI検査を行うと診断がつくことが多いです。

脳や神経の病気が原因の時は、どこが震えているのかで考えます。

  1. 全身が震えている
  2. 四肢が震えている
  3. 頭部が震えている

で分類していきます。

全身が震えている

全身が震えている場合、

  • 特発性(白い犬で起こることが多い)←原因不明
  • 脳脊髄の病気
  • 神経系に対する中毒物質

などが考えられます。

ノミ首輪を誤食してしまって、震えなど中毒症状が出たという事例もあります。

※ピレスロイド系の殺虫成分が神経に作用

四肢が震えている

  • 重症筋無力症
  • 老齢犬の震え

などが考えられます。

年を重ねると、手や足が震えてしまうということもあります。

トラまりも
トラまりも
ドリフで志村けんさんが演じるひとみばあさんも震えてたよね。

頭部が震えている

  • 小脳形成不全

滅多にないですがこのような病気も考えられます。

理由⑤筋肉や骨格系の病気

筋疲労や筋炎など筋肉の病気で震えることもあります。

筋生検や筋電図検査なども合わせて診断していきます。

理由⑥代謝性疾患

血液の異常で震えることもあります。

  • 低血糖
  • 低カルシウム血症
  • 低(高)カリウム血症
  • 高アンモニア血症
  • 高尿素窒素血症

などによって震えることがあります。

トラまりも
トラまりも
腎不全の子が震えていることはすごく多いよ。

犬が震えるとき、病気か正常かを見極めるポイント

時計

犬の震えが病気か正常かを見極めるポイントは、

  • 震えの症状は常にあるか
  • 時間や場所を選んで震えているのか

です。

トラまりも
トラまりも
病気の震えなら、時間を選ばず震えることが多いよ!

朝だけ震えていたり、1日だけ震えている場合は、寒かったり、おなかが一時的に痛かったりすることが多いです。

【まとめ】犬が震える6つの理由

犬が震える理由は、

  • 生理的なもの
  • 痛み
  • ホルモンの異常
  • 脳や神経の病気
  • 筋肉や骨格の病気
  • 血液の病気

の6つがあります。

病気の震えの場合は、時間と場所を選ばず震えることが多いです。

まずはよく様子を観察して、治らなければ主治医の先生に相談してみましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る