猫の病気と予防

猫の尿の色がいつもと違う理由【7つの色別に原因を解説!】

トラまりもの猫の尿の色が変な理由 7つの色別に解説!緊急な病気の可能性もある

「猫が血尿をしてます…」

「猫が緑色のおしっこをしています!」

「最近猫の尿の色が無色だけど病気?」

など、猫の尿の色は健康のバロメーターでもあり、いつもと違って変な色だとびっくりして不安になってしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
血なんか出てたら、やばい!死んじゃったらどうしよう…と焦ってしまうよね。

この記事では、猫が変な色の尿をしたとき、

  • 何が原因なのか
  • 急いで動物病院に行くべきなのか
  • どうすれば治るのか

などを、獣医療に携わって20年の獣医師トラまりもが分かりやすく解説いたします。

トラまりも
トラまりも
猫の尿の色が変な時は、病気の場合と正常の場合があるよ!

では早速解説していきます。

3分で読める記事なので、慌てず読んでみてくださいね!

猫の健康な尿の色は「透明な淡い黄色」

猫のトイレ砂

正常な猫の尿の色は、

  • 透明な淡い黄色
  • 黄色

です。

猫は尿を濃く作る動物なので「人よりは濃い!」と感じることが多いです。

また、食事内容や健康状態によって、日々尿の色は変わります。

「一時的なものなのか?毎日変な色なのか?」などを観察するようにしましょう。

猫のトイレ砂で猫の健康を判断する「しぐにゃる」という商品が2020年10月ころからネット販売されるようです。

「しぐにゃる」は、採取キットはいらず、愛猫にいつものように用を足してもらうだけで健康状態がわかるという手軽さが魅力です。

トラまりも
トラまりも
尿の色で病気を判断するんだね。猫の泌尿器の病気にいち早く気づけそうな商品で発売が楽しみだね!

猫の尿の色がいつもと違う理由【7つの色別に原因を解説!】

猫の尿の色がいつもと違う時はびっくりしてしまいますよね。

色別にどんなことが起きているのかを解説いたします。

尿の色①赤色、赤褐色、薄いピンク(赤系のとき)

尿の色2尿が赤くなる原因は、

  1. 赤血球(血液の成分の一)が出ている(いわゆる血尿
  2. 壊れた赤血球や筋肉の赤い色素が出ている(血色素尿、筋色素尿)

ときです。

血尿

尿に赤血球が出ているときは血尿と言い、その原因は、

  • 感染症(膀胱炎や尿道炎など)
  • 膀胱、尿道結石
  • 腫瘍
  • 膣や陰茎など生殖器の病気
  • 血液凝固障害
  • 腎、尿道結石

…などが考えられます。

トラまりも
トラまりも
猫の「血尿」の原因は、めちゃくちゃあります!より詳しい尿検査、レントゲン・エコー検査などして、何が原因か見つけていくよ!

一時的な血尿の時は、膀胱炎や尿路結石であることが多いです。

コチラの記事も参考にしてみてください。▼

【犬のおしっこが出ない!】何度もトイレに行く原因と対処法を解説!
【犬のおしっこが出ない!】何度もトイレに行く原因と対処法を解説!犬のおしっこが出ない場合は、①尿道が詰まっている、②膀胱が空っぽ、③前立腺の病気の可能性があります。尿道が詰まっていておしっこが出ない「尿毒閉塞」は緊急性があります。...

血色素尿、筋色素尿

壊れた赤血球や筋肉の赤い色素が出ているときは血色素尿筋色素尿と言われ、その原因は、

  1. 血液中の赤血球が壊されている(ヘモグロビン尿、血色素尿)
  2. 筋肉が壊されている(ミオグロビン尿、筋色素尿)

ことが考えられます。

ヘモグロビンは、赤血球のなかにあって酸素を運ぶ役割を、ミオグロビンは、筋肉の中にあって酸素を貯蔵する役割をしています。

①ヘモグロビン尿は、何らかの病気により血液がすごいスピードで壊されて(溶血)、肝臓での処理が追い付かなかった場合に生じます。

主な原因として、

  • タマネギ中毒
  • 免疫介在性溶血性貧血
  • バベシア感染症
  • ヘモプラズマ感染症
  • フィラリア症の急性期

などがあります。

トラまりも
トラまりも
普通は、壊れた(寿命の)赤血球は、肝臓で処理されて、便として排出されるから、尿に出ることはないんだ。

猫が玉ねぎを食べてしまった場合、赤い尿をすることがあります。

猫の玉ねぎ中毒についての記事はコチラ▼▼

トラまりもの猫が玉ねぎを舐めた食べた中毒量や症状、どうすればいいのかなどを徹底解説!
【猫が玉ねぎを舐めた!食べた!】翌日以降の貧血に注意!猫が玉ねぎを食べた場合は、翌日以降に貧血に関連した症状(ふらふらする、血尿をする)などがみられます。猫の玉ねぎの中毒量は5g/kgです。食べたのが分かったらすぐに動物病院に伺って吐かせる処置をしてください。...

②ミオグロビン尿は、激しい運動の後などにみられる事があります。

「ミオグロビン」は、筋肉の中で酸素を運搬している物質です。

筋肉が障害を受けるとミオグロビンが大量に血中に出て、結果的に尿にも出るようになります。

  • 激しい運動
  • 挫傷
  • 筋炎

などでミオグロビン尿は生じます。

トラまりも
トラまりも
「おしっこが赤い=血尿」と思われがちですが、赤い尿には「血そのものが出ているとき」と「血や筋肉が壊されて色素が出ているとき」 があるんだね。

尿の色②茶褐色、濃い黄色、オレンジ(尿が濃く感じるとき)

尿の色3尿がすごく濃い…となるのは、

  1. ビタミン剤を飲んだり、注射した場合
  2. 濃縮尿
  3. ビリルビン尿

の可能性があります。

①人でも、ビタミン剤を飲むと、尿が黄色くなることはありますよね。

猫もビタミン剤を処方されたり、点滴されたときに濃い黄色い尿が出ることがあります。

②もともと猫の尿は濃い傾向にありますが、いつもにも増して濃いときは、脱水や発熱をしている可能性があります。

③ビリルビン尿とは、

  • 肝臓や胆道に病気がある
  • 血液が壊されている(溶血)

ときに出る、ビリルビンという色素が含まれた尿です。

トラまりも
トラまりも
猫で尿中にビリルビンが出たら、100%異常だよ。肝臓や胆道が悪いか、血液が壊されているかのどっちかだよ。すぐに動物病院に行って!

【ビリルビン】

ビリルビンとは、壊れた(寿命の)赤血球中の「ヘモグロビン」という色素が処理されてできる黄色の色素です。

通常、ビリルビンは肝臓で処理され、便として排出されるので、尿中に出てくることはありません。

肝臓や胆道が病気になると、ビリルビンの処理が追い付かず、血液中に溢れかえってしまうので、尿中にも出てくるようになります。

また、ビリルビン尿は、肝臓や胆道の病気以外にも、ヘモグロビン尿と同様、血液が壊されているとき(溶血)にも生じます。

【溶血時は、ヘモグロビン尿とビリルビン尿のどっちがでるの?】

両方とも、血液が壊されることにより生じますね。

ヘモグロビン尿は、何らかの病気により血液がすごいスピードで壊されて、肝臓での処理が追い付かなかった場合に生じると説明しました。

この場合、尿潜血反応は陽性(+)です。

血液が壊されていても、肝臓で処理はされているけど、量があまりにも多いや排泄できない場合は、ビリルビン尿を生じます。

この場合、尿潜血反応は陰性(−)です。

トラまりも
トラまりも
ちょっと難しかったかな…?

尿の色③無色

尿の色4水をたくさん飲んだ後には、尿が薄くなるというのは、皆様よく経験されると思います。

ビールを飲んだ後などは、薄くてほぼ透明な尿がたくさん出ますよね。

一時的なものなら正常ですが、薄い尿が続く場合は、

  • 腎不全
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能亢進症
  • 尿崩症

などの病気の可能性もあります。

トラまりも
トラまりも
これらの病気は、尿が薄くなる+水をたくさん飲むというので、発見されたりするよ。

また、尿路系の療法食を食べているときは尿が薄くなります。

理由はコチラ▼

https://marimo-vet.com/blog/?p=ここに番号

尿の色④緑色、黄緑混濁

尿の色5尿路の細菌感染で生じることがあります。

トラまりも
トラまりも
緑色の尿は、細菌感染の場合があるんだね。

尿の色⑤白色

尿の色6これも細菌感染で起こることがあります。

また、乳び尿と言って、過剰に排泄された脂質成分によって白くなることもあります。

特に腎不全の猫に多いです。

尿の色⑥青色

尿の色7

肝臓(インドシアニングリーン)や腎臓(インジゴカルミン)の検査薬で、緑や青の尿が出ることもあります。

尿の色⑦キラキラ光っている

猫の尿の色がキラキラ光っているときは、尿石症の可能性もあります。

尿石症は、膀胱炎や尿道閉塞の原因となります。

急に猫が何度もトイレに行く病気「膀胱炎」と「尿道閉塞」についての記事はコチラ▼

https://marimo-vet.com/blog/?p=ここに番号

猫の尿の色が変な時は、すぐに動物病院に行くべき?

まず、猫の状態はどうですか?

元気や食欲があって、いつもと変わらない場合は、しばらく様子をみてもいいかもしれません。

  • 食欲がない
  • ぐったりしている
  • 下痢や嘔吐をしている

など、尿以外に症状がある場合は、すぐに動物病院にうかがいましょう。

また、ヘモグロビン尿やビリルビン尿をしているときは、緊急性がある場合が多いです。

トラまりも
トラまりも
尿が薄かったり、薄いピンクで頻尿なんてときは、膀胱炎の可能性が高いよ。尿が出ていれば、緊急性がない場合が多いよ。

猫の尿の色が変な時、どうすれば治るのか?

これはもう原因によります。

  • 膀胱炎なら抗生剤を、
  • 結石症なら療法食を、
  • 肝臓の病気なら肝臓の治療を…

といったかんじです。

トラまりも
トラまりも
猫の尿に異変を感じたら、尿を持って動物病院に行こう!尿が取れなかったら、動物病院で取ってくれるから大丈夫だよ!

【まとめ】猫の尿の色がいつもと違う理由

猫の尿が、黄色~淡い黄色は正常です。

猫の尿の色がいつもと違う時は、

  • 赤系色(膀胱炎、玉ねぎ中毒などたくさんの理由)
  • オレンジ系色(脱水、肝臓の病気など)
  • 無色(尿路系療法食、腎不全など)
  • 緑色、黄緑混濁(細菌感染)
  • 白色(細菌感染)
  • 青色(検査の試薬)
  • キラキラ光っている(尿石症)

の可能性があります。

尿は健康のバロメーターです!

「いつもと違うな…」と思ったときは、尿を持って動物病院に伺いましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る