腎泌尿器・内分泌

【要注意】猫の尿道閉塞はある日突然やってくる【予防すればOK】

【要注意】猫の尿道閉塞はある日突然やってくる【予防すればOK】

「猫が何度もトイレに行っているのに尿が出ません」

「トイレで変な声で鳴いています」

「猫が吐いてぐったりしています」

などの時は、猫の尿道閉塞の可能性があります。

トラまりも
トラまりも
尿道閉塞は、おしっこの出口(尿道)が詰まってしまって、おしっこが出ない病気だよ。

この尿道閉塞は緊急疾患で、早く処置をしないと亡くなってしまうこともあります。

この記事では、猫の尿道閉塞について、

  • どんな病気なのか?
  • 症状や治療法は?
  • 予防するにはどうすればいいのか?

などを獣医師が分かりやすく解説いたします。

トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

ある日突然やってくる病気「猫の尿道閉塞」

猫の尿道閉塞はある日突然やってくる

猫の尿道閉塞は、ある日突然やってきます。

尿道閉塞とは、尿道結石などで尿道が詰まってしまう事により尿が出なくなる病気です。

猫の尿道閉塞はある日突然やってくる

なるべく早く動物病院で詰まりを治さないと、尿毒症によって亡くなってしまう事もあります。

尿毒症とは、腎臓の働きが極端に低下し、本来尿中に排泄されるべき毒素が体の中に貯まってしまった状態です。

また、猫の尿道閉塞はほとんどがオス猫でなります。

なぜなら、メス猫の尿道は太く直線的であるのに対し、オス猫の尿道は細くかつS字状に湾曲しているためです。

トラまりも
トラまりも
メス猫の尿道閉塞は見たことがないな…

猫の尿道閉塞の原因は結石や炎症

尿道閉塞の原因は、

  • 結石(シュウ酸カルシウム、ストルバイトなど)
  • 炎症産物
  • 血餅
  • 腫瘍
  • 外傷
  • 尿道栓子(尿路からはがれた細胞など)

などがあります。

特発性膀胱炎といった基礎疾患があり生じる事もあります。

猫の特発性膀胱炎についてはコチラの記事を参考にしてください▼

【猫の特発性膀胱炎】ストレスが関係!実証された治療法を獣医師が解説
【猫の特発性膀胱炎:FIC】ストレスが関係!実証された治療法を獣医師が解説猫の特発性膀胱炎って何?治るの?ストレスが関わっているの?←こういった疑問にお答えします。猫の特発性膀胱炎は、原因不明の膀胱炎で、猫の泌尿器トラブルの原因の半数を占めます。なかなか治りづらい特性をもつ猫の特発性膀胱炎について詳しく知りたい方は是非読んでみてください。...

「何度もトイレに行くのに出ない」というのが尿道閉塞の症状

「何度もトイレに行くのに出ない」というのが尿道閉塞の症状

猫の尿道閉塞の症状で最も多いのは「何度もトイレに行くのに出ない」です。

尿道が詰まっているので、おしっこが出せません。

その結果、膀胱がパンパンになってしまい、さらに尿意を感じてトイレに行くけど出ない…

という状態です。

トラまりも
トラまりも
トイレでワオワオ変な声で鳴いたり、うろうろ落ち着きがなかったり、トイレで寝ちゃうなんてのもよくあるよ。

いよいよ畜尿が限界に達し、尿毒症になってしまった場合には、

  • 食欲不振
  • 嘔吐や下痢
  • ぐったり
  • 痙攣

といった症状もみられます。

ただし、猫が何度もトイレに行くときは「膀胱炎」が原因の場合もあります。

膀胱炎の場合は緊急疾患ではないことがほとんどです。

猫が何度もトイレに行くのは?の記事はコチラを参考にしてください▼

トラまりもの猫のおしっこが出ない!命に関わることもある【緊急なときの見分け方】
【猫のおしっこが出ない!】何度もトイレに行く理由と緊急時の見分け方猫のおしっこが出ない場合は、①尿道が詰まっている、②膀胱が空っぽの可能性があります。尿道が詰まっていておしっこが出ない「尿毒閉塞」は緊急性があります。...
トラまりも
トラまりも
メス猫が何度もトイレに行く場合は、膀胱炎であることが多いよ!

治療は尿道閉塞の解除【緊急性あり】

上記のような症状がみられた場合は、すぐに動物病院に行きましょう。

もし主治医の先生がやってなければ、別の病院や救急で診てくれる病院に行きましょう。

トラまりも
トラまりも
絶対に様子見ちゃだめ!

処置は尿道からカテーテルを挿入し、生理食塩水を入れながら閉塞を解除していきます。

暴れると危険なので、鎮静剤を使う時もあります。

うまく詰まりを解除できたら、尿道カテーテルを入れたまま、

  • 数日の入院管理
  • 数回の膀胱洗浄
  • 点滴で血液バランスを整える+尿路をきれいにする

などの処置を行い退院します。

トラまりも
トラまりも
尿毒症になっている場合は、閉塞が解除できたとしても、入院が長引いたり、場合によっては亡くなってしまう事もあるんだ…

猫の尿道閉塞の内科療法3つ

猫の尿道閉塞の内科療法
緊急の尿道閉塞の治療がなされて無事退院できたとしても、再発を防ぐために治療が必要です。

①食事療法

食事療法はとても重要です!

結石が原因で尿道閉塞になることが最も多いので、結石の種類に応じた療法食を食べさせるようにしましょう。

猫の尿路結石のためのフードはコチラの記事を参考にしてください▼

トラまりもの猫の尿路結石 獣医師がおすすめするフード5選【安全なものだけ紹介】
【猫の尿路結石】獣医師おすすめフード5選【安全な食事のみ紹介!】獣医師がおすすめする猫の尿路結石のフードを5つ紹介しています。大手の有名会社がつくっていて安全性が証明されているフードのみを紹介していて、動物病院でしか購入できないものもあります。...
トラまりも
トラまりも
間違った療法食を食べると、余計に病気が悪化することがあるから、きちんと主治医の先生と相談してね!

ちなみに、よく様々な療法食を混ぜてあげている方がいらっしゃいますが、基本的には混ぜたらNGです。

療法食は、その療法食を単独で与えた時に効果があります。
トラまりも
トラまりも
でも猫は食にムラがある子が多いから、どうしても混ぜないと食べないときは主治医の先生に相談してね!

②飲水させる

水を飲んでと言って飲んでくれれば苦労しないですよね…

猫は元々、水をあまり飲まない動物なので、なかなか水を飲んでくれません。

トラまりも
トラまりも
無理にあげると、逆にストレスになっちゃうしね…

猫が水を飲まないときの飲ませ方について書いた記事は、こちらを参考にしてください▼

トラまりもの猫が水を飲まない!今日から簡単にできる飲ませ方9選
「猫が水を飲まない」4つの理由と飲ませ方9選【簡単にできる!】猫が水を飲まないときの水の飲ませ方を紹介してます。腎不全や夏場などは特に水を飲んでほしいので、具体的な飲ませ方を解説しています。...

③体重管理

太っていることが猫の尿道閉塞に関係している場合もあります。

食事の量を減らしたりダイエットフードを用いて、適正体重を維持できるようにしましょう。

繰り返す尿道閉塞には会陰尿道造瘻術

手術が適応となる場合は、

  • 何度も尿道閉塞になる
  • 尿道が狭窄
  • 尿道が損傷
  • カテーテルで解除できない

などの場合には手術が適応となります。

会陰尿道造瘻術は、尿道を短くするオス猫のための手術です。

トラまりも
トラまりも
猫の尿道は出口付近が狭くなってて、そこが結石などで詰まってしまう事が多いから、その部分を切り取って新しい尿の出口を作るんだ。

術後は感染症になりやすいため、陰部をきれいに保つ必要があります。

手術を行うと、再閉塞のリスクはぐんと減ります。

定期的な尿検査で予防

定期的な尿検査で再閉塞を予防

猫の尿道閉塞は、尿検査をもとにした適切な食事管理+飲水で予防をすることが可能です。

また、一度に尿道閉塞になってしまった猫は、尿の状態を変えないと再び閉塞してしまうリスクが非常に高いです。

食事療法や飲水などを行う+尿検査で尿の状態を把握することで、再び結石ができてしまうことを予防できます。

トラまりも
トラまりも
尿を動物病院に持って行ってチェックしてもらおう!

自宅での尿の取り方は、こちらを参考にしてください▼

【自宅で簡単!】猫の3つの採尿法を獣医師が解説【ストレスフリー】
【自宅で簡単】猫の3つの採尿法を獣医師が解説【ストレスフリーの取り方】自宅で簡単に猫の採尿ができないなな?こういった疑問にお答えします。猫の採尿は、泌尿器の病気の予防や経過観察のため非常に重要です。簡単に自宅で猫の尿を採りたい方は是非読んでみてください。...

【まとめ】猫の尿道閉塞はある日突然やってくる

猫の尿道閉塞は、飲水量の減る冬場にオス猫がよくなる緊急性のある病気です。

「猫がトイレに行くのに尿が出ない」などの症状が出た時には、経過を見ずにすぐに動物病院に行くようにしましょう。

猫の尿道閉塞は、定期的な尿検査と適切な食事・飲水で予防をすることができます。

早期発見・早期治療をしましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪