呼吸器・心臓

【犬がハアハア(パンティング)する】病気か正常かを判断するポイントを解説!

【犬がハアハアする】パンティングが病気か正常かを判断するポイントを解説!

「愛犬が急にハアハアしだしました…」

「暑くないのにハアハアしています…」

「口を開けて呼吸しているけど、病気なの?」

など、愛犬がハアハアしていると不安になってしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
暑いのかな?病気なのかな?どうしよう…って思っちゃうよね。

先日、以下をツイートしました。▼

犬がハアハアするパンティングは、
・暑い
・緊張、怖い
・トイレを我慢
など生理的なものもありますが、
・どこかが痛い
・心臓や呼吸器の病気
・発作
の可能性もあり注意が必要
猫でのハアハアは、興奮したり走った後に一時的なら正常だが、それ以外なら危険。
食欲がなかったり続く場合は病院へ

■本記事の内容

  • 犬がハアハアする原因
  • 病院に行くべきハアハアもあるの?
  • 家でできる処置って何かある?

愛犬のパンティングは病気のこともあるので、愛犬がハアハアしている場合には、ぜひ読んでみてください。

トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

▼ペットの病気やしつけ、日常ケアなど最新情報を発信しています。▼

読んでみて興味があったら、トラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてくれると嬉しいです!

犬がハアハアしている「病気ではないとき」の4つの原因

犬がハアハアしている「病気ではないとき」の原因4つ

犬のハアハアは「パンティング」といいます。

パンティングの多くは、正常(生理現象)でしていることが多いです。

生理現象でハアハアするときは、

  • 暑いとき
  • 緊張しているとき
  • 怖いとき
  • トイレを我慢しているとき

などがよくみられます。

原因①暑いとき

最も多いのが暑いときです。

犬は体温調節のために汗をかくことができないので、パンティングをして体の熱を下げます。

ただし、夏場の過剰なパンティングは、熱中症の可能性もあるので注意してください。

【犬と猫の熱中症】症状や治療、対策法を獣医師が全部教えます!
【犬と猫の熱中症】症状や治療、対策法を獣医師が全部教えます!どんな症状が熱中症なの?熱中症のときはどうすればいいの?←こういった疑問にお答えします。この記事では、犬と猫の熱中症についての原因や症状、対処法や予防法を獣医師が解説しています。しっかり暑さ対策をして、快適な夏を過ごしましょう。...

原因②緊張しているとき

緊張でハアハアする子もよくいます。

動物病院に来ると、目を見開いてハアハアしているっていうのにはよく遭遇します。

また、他の犬に会ったり、知らない場所へ行くとハアハアする子もいます。

緊張でしている場合は、

  • 突然はじまる
  • 震えていることもある

ので、分かりやすいかもしれません。

原因③怖いとき

怖いときにもハアハアします。

例として、

  • かみなりの音
  • 花火の音
  • 工事の音

などが聞こえると、突然落ち着きがなくなり、ハアハアしだすというのはよくあります。

【犬や猫は地震や雷が分かる!?】ペットの恐怖症やパニックの対策を獣医師が解説
【犬や猫の恐怖症・パニック発作】地震や雷・花火を怖がるときの対策を獣医師が解説愛犬や愛猫が雷や地震を怖がります…何かいい対策はありますか?この記事では、犬や猫が雷や花火、地震などを怖がる際に、その症状や具体的な対策を獣医師が解説しています。怖がるから治してあげたい!という飼い主様は、ぜひ読んでみてください。...

原因④トイレを我慢しているとき

意外とこれもよくあります。

外でしかトイレをしない犬によくみられ、ハアハアしながら玄関に行ったりウロウロしたり…といった感じです。

トラまりも
トラまりも
トイレをすれば治るから判断できるね!

犬がハアハアしている「病気のとき」の4つの原因

犬がハアハアしている「病気のとき」の原因4つ

生理現象の場合は、状況や環境を変えると落ち着くのに対し、病気のハアハアの場合は、様子を見ていてもよくならないことが多いです。

考えられる原因として、

  1. 痛み
  2. 呼吸器の病気
  3. 心臓の病気
  4. 発作(てんかん発作など)

などがあります。

原因①おなかや骨格などが痛い

おなかが痛かったり、体のどこかが痛くてハアハアしていることは多いです。

パンティングに加えて、

  • 落ち着きがない
  • 抱っこすると嫌がる(キャンという)
  • 寝てもすぐ起きる(寝られない)
  • 食欲がない
  • 吐いたり下痢する
  • 部屋の隅の方に行く
  • 祈りの姿勢をしている

などが同時に見られることがあります。

便をしたり、吐いたりすると落ち着く場合もあるので、安静にしてしばらく様子を見てあげるといいでしょう。

トラまりも
トラまりも
無理に抱っことか触ったりすると、嫌がったり怒ったりすることがあるよ。あまり触らず、遠くからよく様子をみてあげよう。
トラまりもの犬のお腹キュルキュル膵炎?祈りのポーズ?正常か病気か見極めポイント!
【犬のお腹がキュルキュル】膵炎?絶食?ご飯は?を全部解決!犬のお腹がキュルキュルいっています!というのはよくあります。あまりにも大きな音で鳴ると、病気なの?と心配してしまいますよね。この記事では、キュルキュルの原因や対処法を分かりやすく解説しています。...

原因②呼吸器の病気がある

苦しくて、ハアハアしていることもあります。

呼吸器の病気か見るべきポイントとして、

  • 呼吸器の持病はないか
  • フードを急いで食べたあとではないか
  • 白米やパンなど喉に詰まるものを丸飲みしてないか
  • ガーガーやピーピーといった、呼吸に伴う変な音はないか
  • パグやフレンチブルドックなど短頭種ではないか

などがあります。

これらが当てはまる場合は、呼吸器疾患が原因のハアハアの可能性もあります。

また、この場合は緊急の可能性もあります。

ハアハアに加えて、

  • 舌の色が紫色や白色、レンガ色だったり、
  • 泡をふいていたり、
  • 呼吸が明らかに速かったり、
  • ぐったりしている

といったような場合は、すぐに動物病院に連絡をしてください。

原因③心臓の病気がある

これもまた、苦しくてハアハアしている可能性があります。

  • 僧帽弁閉鎖不全症など心疾患
  • 先天性心疾患
  • 高血圧

などの病気がある子は注意が必要です。

トラまりも
トラまりも
肺水腫という、肺に水が貯まってしまう緊急な状況の可能性もあるから、注意してね。

心臓の持病がある子の場合、「最近ハアハアが増えてきたな…」と思ったら、動物病院で検査をしてもらったほうがいいです。

心臓病があまりよくないときは、

  • 自宅に酸素室を用意したり、
  • 悪くなったときの緊急薬をもらう

といいですね。

いずれにしても、心臓病の治療中の子は、主治医の先生に確認するといいでしょう。

原因④発作

突然ハアハアしだして、

  • よだれや泡が出たり、
  • 意識がなかったり、
  • 歩き方が変になったり、
  • いつもと様子が違う…

といった場合は、発作が起きている可能性もあります。

トラまりも
トラまりも
フレンチブルドックが、涼しい部屋で突然ハアハアしだして倒れたってことがあったよ…

一時的な発作の場合は、数分でおさまることが多いですが、落ち着いた場合でも、一度動物病院に確認しましょう。

犬がハアハアしているときは病院に行くべき?見るべき2つのポイント

犬がハアハアしているときは病院に行くべき?見るべき2つのポイント

以前あったのが、「床暖房が暑くてハアハアしている」ことがありました。

また、「散歩に行ったらハアハアしなくなった」ということもありました。おしっこを我慢していたのですね。

ある特定の時だけハアハアなるとしたら、病気ではない可能性が高いです。

トラまりも
トラまりも
いま一度、「状況」や「環境」をチェックして直してみてね !

緊急性があるかどうか判断する材料として、見るべきポイントは2つです。

食欲があるか

呼吸器や心臓病など病気が原因でハアハアしている場合は、

いつもよく食べる子でも食欲がなくなることが多いです。

トラまりも
トラまりも
おやつやささみなど、好きなものを出して試してみるといいです。

横になって寝られるか

苦しいときは、

落ち着きがなくうろうろしているときが多いです。

寝ては立って、また寝ては場所を変えて…という場合は要注意です。

トラまりも
トラまりも
心配なときは、主治医の先生に確認してね。万が一の夜間病院を、日頃から確認しておくといいよ。

犬がハアハアしているときに自宅でできること

犬がハアハアしているときに自宅でできること

犬がハアハアしているとき、自宅でできることもあります。

暑かったり興奮している場合は、冷やしたり、状況を変えてあげてください。

吐いてしまったり、食後の場合は、おなかやどこかが痛い可能性があります。

その後は絶食で安静にして、早めに寝かせてください。

トラまりも
トラまりも
不安な場合は、主治医の先生にご確認ください。

【まとめ】犬がハアハア(パンティング)するときの対処法

病気4パターン、正常4パターンで解説しました。

犬がハアハアしているときは多くは正常反応ですが、緊急性がある場合もあります。

ぐったりしてないか?落ち着きはどうか?などを合わせて判断してみてください。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪