緊急疾患

【犬と猫の熱中症】冷やす場所はどこ?熱中症の対処法を獣医師が解説!

【犬と猫の熱中症】冷やす場所はどこ?熱中症の対処法を獣医師が解説!

「愛犬の体が熱いけど、熱中症かな?」

「愛猫が熱中症ぽいけど、どうすればいいの?」

「効果的に冷やす場所ってどこだろう?」

など、愛犬や愛猫が熱中症かも…と思ったときに、熱中症かどうかの判断と、どこを冷やすべきなのかは悩んでしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
体がなんとなく熱っぽいときは、どうすればいいのか不安だよね。

この記事では、犬や猫が熱中症になったときの対処法効果的に冷やす場所を解説しています。

愛犬や愛猫が熱中症かも…という飼い主様は、慌てずぜひ読んでみてください。

トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

▼ペットの病気やしつけ、日常ケアなど最新情報を発信しています。▼

読んでみて興味があったら、トラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてくれると嬉しいです!

愛犬・愛猫が熱中症になったかも…というときの対処法

熱中症になってしまったかも…と思ったときの対処法

犬と猫が熱中症になってしまったときの対処法は、何よりも「冷やす」ことです。

まずは、クーラーの効いている室内に連れて行き、水が飲める状態の場合は、積極的に飲ませてあげましょう。

その後、体温を測って熱中症なのかどうかを判断しましょう。

熱中症の場合、体温(直腸温)が40.5度以上あります。
トラまりも
トラまりも
40.5℃に達してなくても熱中症のときはあるよ。日頃から平熱を知っておくことが大事!

犬と猫の体温は、環境や犬種にもよりますが、38.0℃~39.0℃程度です。

測る時間や個体差もあるので、普段から平熱を知っておくということは大切です。

体温計の肛門への入りが悪かったら、油やベビーオイルなどを塗ると入りやすいです。

犬用体温計1本あると超便利!
【犬の体温計は人間用でいい?】緊急時はOK!おすすめペット用体温計も紹介犬の体温計は、緊急時には人間用が代用できます。夏場や元気食欲がないとき、熱っぽいときなど使うタイミングはたくさんあるので、自宅に犬用体温計を1本用意しておくといいでしょう。...

ふらふらで意識レベルが低下している場合には、タオルをかけてその上から水道水をかけます。

そして、扇風機やうちわで仰ぐなどして風を送ってあげます。

特に氷水である必要はありません。

むしろ冷たすぎると、皮膚表面の血管が収縮して、熱放散がうまくできなくなってしまい逆効果です。

トラまりも
トラまりも
直腸温が39.5度近くになるまで冷却を続けよう。

体温計を使いながら、過度の冷却による低体温症にも注意しましょう。

熱中症かと思って、アイスノンで冷やしすぎて震えが止まらないというのもよくあります。お水が自力で飲めるようになってきたなら、冷却はやめましょう。

熱中症でない場合もある

熱がある理由は、もちろん熱中症だけではありません。

風邪などの感染や炎症があっても熱が出ることはあります。

涼しい場所にいたのに熱が高い場合には、まずは動物病院に連絡するようにしましょう。

犬や猫の熱中症で冷やす場所とは?

犬や猫の熱中症で冷やす場所とは?

人の場合、

  • 頸静脈(首)を冷やせ!
  • 脇を冷やせ!
  • 鼠径部(足の付け根を)冷やせ!

などありますよね。

太い血管が通っているところを冷やすと、効率的に体全体を冷やせるからです。

犬や猫の場合は、

  • おなか

を中心に冷やしてあげるといいです。

トラまりも
トラまりも
脇とか鼠径部は、はさむのが難しいからね。

ただ、実際には慌てているし、どこ冷やせばいいか考えている暇もないです。

そのため、以下のように「体全体を冷やしてあげる」ことで、効率よく熱を下げることができます。

具体的には、

  1. バスタオルを体全体にかけて(顔は出してあげて)
  2. 冷たすぎない水をかけて(氷水である必要はない)
  3. 水はできれば流水で(無理ならバケツに汲んで何度も)
  4. クーラーガンガンにして
  5. 扇風機やうちわであおぐ

としてあげるといいです。

呼吸が苦しくなっちゃうので、水は顔にかからないように注意してください。

意識低下があるときは動物病院へ

意識低下があるときは動物病院へ

冷却をしても意識が戻ってこない場合や、自力で飲水ができない場合などは、動物病院に行くようにしましょう。

トラまりも
トラまりも
よくわからなければ、慌てず動物病院に連絡をしよう。そのときも「とりあえず冷やす」ことは忘れずにね!

動物病院に行く道すがらも、車内の冷房ガンガンで窓を開けてあげましょう。

動物病院では状況に応じ、点滴処置や酸素吸入など救命処置を行うようになります。

【まとめ】犬と猫が熱中症かも?というときの対処法

ペットが熱中症かも…と思ったときは、まずは直腸温をはかりましょう。

40.5℃以上ある場合には熱中症の可能性もあるので、クーラーの効いた涼しい場所に移動してあげましょう。

そして、体全体にバスタオルをかけて、水道水をかけ続けて、扇風機やうちわの空気で冷やしてあげましょう。

外なら木陰に運んで、とりあえず水をかけ続けることが大切です。

トラまりも
トラまりも
犬と猫の熱中症は、とりあえず水をかけて冷やす!冷やす部位は体全体!

意識が回復しなかったり、自分で水を飲めない場合には、動物病院に連絡をしましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪