消化器(肝臓含む)

【犬の便の色は何色?】正常な排せつ物の色は茶色、こげ茶色【うんちチェック】

【犬の便の色は何色?】正常な排せつ物の色は茶色、こげ茶色【うんちチェック】

「犬の便って何色が普通なのですか?」

「血や粘膜みたいなのが混じっているのですが…」

「黒い便をしているのですが、動物病院に行った方がいいですか?」

など、愛犬がいつもと違った便の色をしていると、大丈夫かな…?と不安になってしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
正常な便の色は、黄土色、茶色~こげ茶色。それ以外をしている場合は異常だよ。

便の色について、先日以下のツイートをしました。▼

正常な便色は、黄土色、茶~こげ茶色です。

体に異常があったり薬や食事の影響で変化し、
・白(灰)→消化不良、寄生虫、バリウム検査
・黒→胃腸の出血、薬用炭・鉄剤の投与
・緑→消化不良
・赤→大腸や肛門の出血、感染や腫瘍
…が考えられます。

毎日チェックし、変調があれば便を持ち病院へ😊

■本記事の内容

  • 犬の正常な便の色とは?
  • 異常な便は何色?~色別に解説
  • 便に虫がいるとき

犬の便の色は健康のバロメーターとなります。

「愛犬の便の色がちょっと変…」という場合には、あわてず読んでみてください。

犬の正常な便の色は黄土色、茶色やこげ茶色

犬の正常な便の色は茶色、こげ茶色

正常な犬の便の色は、黄土色や茶色~こげ茶色です。

そもそも便の色は、消化液の一つである『胆汁(たんじゅう)』のなかの『ビリルビン』という色素が、腸内細菌によって分解されたときにできる『ステルコビリン』の色です。

腸内を移動する過程で、ビリルビン(黄色がかった緑色;胆汁の色)→ウロビリノーゲン→ステルコビリノーゲン→ステルコビリン(茶色;便の色)と変換されます。
トラまりも
トラまりも
ちなみにビリルビンとは、古くなった赤血球にあるヘモグロビンが壊れてできる黄色い色素のことだよ。

便が作られていく過程で色が変わり、最終的には便と言えばの茶色い色となります。

異常な便の色とは?~色別に解説

異常な便の色とは?~色別に解説

いつも同じドッグフードを食べているときは、基本的には同じ色の便をします。

そのため、「食事やおやつを変更していないのに、いつもと違った色の便をした…」という場合には、何か異常があるかもしれません。

便の異常がある場合には、便を持って動物病院を受診するようにしましょう。

トラまりも
トラまりも
便は前日のでも大丈夫。なるべく冷暗所においておき、翌日持って行くようにしよう。

では、以下で色別に解説していきます。

黒い便

コールタールの様な真っ黒い便は、胃や小腸からの出血があるときに生じます。

血液は時間が経つと黒く変色するため、

  • 小腸

など、上部消化管からの出血が示唆されます。

出血の原因は様々ありますが、中には誤って湿布を食べてしまったり、砂利を食べて黒い便が出た…なんてこともあります。

黒い便について、くわしくは以下の記事をご参照ください。▼

【犬の黒色便(メレナ)】黒い便をする原因や症状、対処法を獣医師が解説!
【犬の黒色便(メレナ)】黒い便をする原因や症状、対処法を獣医師が解説!犬が黒い便をするときは、異常がある可能性が高いです。この記事では、犬の黒色便(メレナ)について、原因や症状、対処法などを獣医師が解説しています。愛犬が黒い便をしている…という場合には、あわてず読んでみてください。...

また、正常でも肉類やレバーを食べたときに黒っぽい便をすることがあります。

腎不全などで薬用炭や鉄剤を飲んでいる場合にも黒い便をします。

トラまりも
トラまりも
ホッカイロ(鉄剤が入っている)を誤食してしまった場合にも、黒い便が出るよ。

ただ、基本的に黒い便をしたときには異常で緊急性があることが多いので、愛犬が元気だったとしても、すぐに受診をした方がいいです。

赤い便(血便)

犬が赤い便をしている、もしくは便に血液がくっついているときは、大腸や肛門など腸の下の方から出血している可能性があります。

また、血便や下痢をしているときは、粘液や粘膜みたいなものが一緒に出ることもあります。

元気食欲があり、少し血が付いている程度であれば、経過をみてもいい場合もありますが、大量の血や何日も続くとき、他にも症状がある場合などは受診が必要です。

犬の血便・粘液便について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。▼

【犬の血便】元気はある?下痢や嘔吐、ゼリー状のものが出る場合の原因と対策!
【犬の血便】元気はある?下痢や嘔吐、ゼリー状のものが出る場合の原因と対策!犬の便に血がついているけど、緊急性はあるかな?この記事では、犬の血便について、原因や症状、動物病院に行くタイミングなどを解説しています。愛犬が血便をしていて不安だな…という場合は、是非読んでみてください。...
【犬が粘液便をした】動物病院に行くタイミングや自宅での対処法を解説
【犬が粘液便(ゼリー状)をした】動物病院に行くタイミングや自宅での対処法を解説犬が粘液便をしている!血が混じっている!なんてときは慌ててしまいますよね。この記事では、犬が粘液便をしたときの動物病院に行くタイミングや自宅での対処法を解説しています。粘液便をしてしまった時の常備食の紹介もしているので、万が一の時に備えたい方は是非読んでみてください。...

緑色の便

消化管の通過時間が短縮した場合(下痢など)には、ビリルビンによって緑色便となることがあります。

もともと胆汁は黄色~緑色をしていますが、ゆっくりと腸の中を移動していく際に、徐々に茶色に変化していきます。

トラまりも
トラまりも
上でお伝えした、ビリルビン→…→ステルコビリンってこと。

ただ、腸の動きが活発で、早く便として出てしまった場合、細菌がビリルビンを分解する時間がないために、茶色に変化する前の緑色っぽい便が出ることがあります。

トラまりも
トラまりも
人だと、ストレスとか二日酔いだったとかのときに、緑色の便をするときがあるよ。

また、野菜をトッピングであげている場合には、消化できなかった緑黄色野菜が混じっていって緑色となることもあります。

同様に、草を大量に食べた場合にも緑色の便となります。

白い便、灰白色便

白や灰色の便も異常です。

上記でもお伝えした通り、通常便の色は、胆汁により茶色となります。

ただ、なにかしらの異常によって胆汁がうまく分泌されない(胆管閉塞など)と、白っぽい灰色便となります。

また、すい外分泌不全などすい臓の異常でも白い便となります。

愛犬が白い便をした!原因や対処法とは?【白い粒や糸は虫の可能性あり】
愛犬が白い便をした!原因や対処法とは?【白い粒や糸は虫の可能性あり】犬が白い便をした際には、何か重大な病気があるのかも…と不安になってしまいますよね。この記事では、愛犬が白い便をした際の原因や対処法を獣医師が解説しています。愛犬が白色便や下痢をした場合には、あわてず読んでみてください。...

黄色い便

重度の腸炎や慢性腸炎などでビリルビンがうまく分解されないと、黄色みの強い軟便~下痢便となることがあります。

トラまりも
トラまりも
緑の便と同じ原理。

すい外分泌不全などで、脂肪がうまく分解できないときにも脂肪便として黄色みの強い便となります。

また、野菜などの繊維質の食材をあげすぎている場合にも、黄色みの強い便となります。

便にツブツブや長いひも状のものが混じっている

便にツブツブや長いひも状のものが混じっている

便に寄生虫がいると、白い粒や糸の様なものが混じった便をすることがあります。

特に子犬で多く、駆虫薬にて治療を行います。

白い米粒の様なものが出た場合には『瓜実条虫』、そうめんの様な白い糸みたいなものが出た場合には『回虫』の可能性があります。

元気食欲があれば緊急性が低いときが多いですが、便をもって動物病院に行くようにしましょう。

【まとめ】犬の便の色は何色?正常な排せつ物の色は茶色、こげ茶色

犬の便の色は健康のバロメーターです。

正常な排せつ物の色は茶色やこげ茶色ですが、赤・黒・緑・白・黄色などいつもと違う色をしている場合には、体に異常が起きています。

愛犬の便の異常を見つけた場合には、便を持って動物病院を受診することで、スムーズに検査が行えます。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪

【参考資料】

  • 特集 糞便検査,SA Medicine,interzoo,Vol.9,No1,2007,p9
こんな記事もおすすめ