予防関係

【猫の最適な去勢時期とは?】費用や術後の過ごし方なども解説!

トラまりもの猫の去勢手術 時期や費用、メリット・デメリット術後の過ごし方など徹底解説!

「猫って去勢手術したほうがいいの?」

「手術は痛そうだし、まだいっかな…」

「猫の去勢手術って何歳までにやればいいんだろう?」

など、猫の去勢手術についての不安や疑問はたくさんあると思います。

去勢手術とは、オス猫の精巣(タマ)を2つとる手術です。
トラまりも
トラまりも
麻酔怖いし、痛そうだし…別にやらなくてもいいかなーって思うよね。

先日、以下のツイートをしました。▼

メス犬猫の避妊手術は、病気の予防から絶対にした方がいいです。
オス犬猫の去勢手術は、病気の予防という点ではメスほどではないです。
ただ発情期にはストレスがたまったり、猫は外猫に反応して脱走する恐れあり。
手術をすべきかは様々な考えがありますが、私はすべきと思います。愛犬もしている。

■本記事の内容

  • 猫の去勢手術はするべきなの?
  • いつまでにすればいいの?
  • 手術は痛くないの?手術のメリット・デメリット
  • 猫の去勢手術の費用はどれくらい?

オス猫の去勢手術は、メス猫ほど早期に行うメリットはありませんが、飼いやすくなるという点ではしておいたほうがいいです。

メス猫の避妊手術については、こちらを参考にどうぞ。▼

トラまりもの猫の避妊手術時期や費用、メリット・デメリット【疑問や不安をなくします!】
【猫の避妊手術】時期や費用、メリット・デメリットも解説!猫の避妊手術をするかどうかは悩んでしまいますよね?この記事では、猫の避妊手術の時期や費用、メリット・デメリットなどを解説しています。猫の避妊手術に関する不安を解決できる記事なので、是非読んでみてください。...
トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

▼ペットの病気やしつけ、日常ケアなど最新情報を発信しています。▼

読んでみて興味があったら、トラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてくれると嬉しいです!

猫の去勢手術は何歳までにするべきか

猫の去勢手術は何歳までにするべきか

猫の去勢手術は、基本的には何歳でしてもOKです。

オス猫の生殖器の病気のほとんどが、高齢になってから生じるものなので、その時点で手術をするか考えても大丈夫です。

ただ、マーキングやマウンティングを軽減するために、早期の去勢手術をする場合は多いです。

具体的には、体が成長した半年齢くらい(生後6,7か月)で行うことが多いです。

メス猫は、初回発情が始まる前までに避妊手術をすると、将来乳腺の病気になる確率が減るので、早めの手術をおすすめしています。

最近では、ペットショップにて4か月齢前後で去勢手術をしてしまうこともあります。

その方が、購入したあと楽だからという考えに基づいていると思われます。

ただ、あまり早い時期に手術をすると、体の成長が十分にできない可能性もあるので、どうなのかな…と思う部分もあります。

そもそも猫の去勢手術はすべきなのか?

獣医さんによって考えは変わるとは思いますが、オス猫の場合はどちらでも大丈夫だと思います。

ただ最近では、動物病院に来る8~9割くらいの飼い主様が、愛猫の去勢手術を希望しています。

トラまりも
トラまりも
マーキングしなくなったり、攻撃的でなくなったり、飼いやすいってのは重要だからね。

また、去勢手術をしていないと、外の猫に反応して発情行動を示したり、脱走してしまう危険性もあるので、個人的には去勢手術をおすすめいたします。

猫の去勢手術のメリット

猫の去勢手術のメリット

猫の去勢手術のメリットは、

  • 発情期のストレスから解放される
  • 各種生殖器系疾患の予防

があります。

発情ストレスからの解放

発情期はホルモンバランスが崩れるので、猫も情緒不安定になったり、攻撃的になってしまうことがあります。

去勢手術をすると、マーキングをしなくなったり、性格が穏やかになる子が多いです。

トラまりも
トラまりも
ペットとして飼っているのだから、飼いやすいというのは非常に大切なことだよ。

でも去勢手術をしても、大人しくならない子もいます。

逆にすごくやんちゃになる子もいます。

その場合は、もっぱら「性格」として付き合ってくださいね。

【これって発情兆候?】

オス猫の場合は、

  • いろんなところでおしっこする
  • 体をくねくねする
  • 尾を小刻みに振りながらおしっこをする
  • 外の猫に反応する
  • 甘えん坊になる、すりすりしてくる
  • 性格が強くなる
  • ぎゃおぎゃおと変な声で鳴く

などが分かりやすい発情兆候です。

生殖器疾患の予防

精巣を取ってしまうので、精巣腫瘍など生殖器の病気にかかる可能性が減ります。

【痤瘡(ざそう)】

オス猫は、ざそうという「顎ニキビ」が生じやすいです。

顎下の皮脂腺が分泌過剰になり、炎症を生じることがあります。

軽度の場合には特に症状はないですが、感染などを伴うと強い痛みや痒みを生じることがあります。

このざそうも、去勢により軽減されることが多いです。

猫の去勢手術のデメリット

猫の去勢手術のデメリット

もちろん、去勢手術にはデメリットがあるので悩んでしまいますよね。

  • 遺伝子を残すことができなくなる
  • 太りやすくなる
  • 全身麻酔が必要
  • 術後に合併症が出る可能性がある

などが去勢手術のデメリットと言えます。

遺伝子を残すことができなくなる

精巣は、精子を作る場所です。

去勢手術は精巣(睾丸)を取ってしまう手術なので、精子を作ることができなくなります。

精子が作れなくなるということは、その子の遺伝子を残すことはできないということです。

太りやすくなる

去勢手術により精巣を取ると、性ホルモンが出なくなります。

そのため、発情などに関わるエネルギーが消費されなくなる分、太りやすくなるということもあります。

トラまりも
トラまりも
手術をしたら太った!というのはよく聞くね。手術後は、フードの量を調整してね。

手術前と同じフード量を与えると、必ず太ります。

そのため、フードの量を減らすか、去勢手術後用のフードにするといいでしょう。


トラまりも
トラまりも
フード選びは主治医の先生と相談してね!

全身麻酔が必要

去勢手術は全身麻酔下で行います。

麻酔をかけて行うというのは、何となく怖い気もしますよね。

ただ、手術の前にきちんと麻酔をかけられる状態なのか検査をするので、基本的には怖くないです。

動物病院にもよりますが、一般的には、

  • 獣医師による全身チェック
  • 検温
  • 血液検査
  • 場合によっては、レントゲン検査やエコー検査

を行ってから、慎重に麻酔薬を投与します。

去勢手術自体の時間は5分程度ですが、麻酔を入れてから完全に覚めるまでは、おおよそ30分位かかることが多いです。

術後に合併症が起きる可能性がある

頻度は非常に低いですが、

  • 尿をもらすようになってしまう
  • 傷口を縫った糸に炎症反応を起こしてしまう
  • 手術部の毛が生えてこない

などが生じることもあります。

睾丸にはそもそもそんなに毛が生えていないので、術部の毛が生えてこないことは問題ではないでしょう。

術後は数日間、傷口をなめないようにするためにエリザベスカラーをしたり、術後服を着たりするようになります。

自然に反しているという考え

また、去勢手術をすることが自然に反しているという考えもあります。

当然ですね。病気でもないのに、手術をするのはかわいそうといったことはあると思います。

猫の去勢手術の費用ってどれくらいなの?

猫の去勢手術の費用ってどれくらいなの?

これもまた動物病院によって変わるので、動物病院に確認してみるといいでしょう。

一般的には2~5万円程度で行っている動物病院が多いです。

猫の去勢手術って入院するの?

去勢手術は日帰りで行うことが多いです。

これもまた動物病院によって変わるので、確認してみましょう。

猫の去勢手術後の生活はどうすればいいの?

特に制限はないです。

ただし、傷口を舐めないようにする必要があるので、エリザベスカラーか服を着てもらうようになります。

エリザベスウエア®は、通気性バツグンで簡単に着れ、エリザベスカラーが必要ないので、術後服として最近流行っています。詳しい記事はコチラをどうぞ▼

トラまりもの猫の手術後の服エリザベスウエア®で傷の管理がストレスフリー!
猫の手術後の服「エリザベスウエア」で傷の管理を楽チンに!猫の手術後の服は「エリザベスウエア」がおすすめです。通気性バツグンの速乾素材で、サイズやデザインも豊富。エリザベスカラーがストレスだった子も、密着する服で快適な術後ライフを送れます。...

猫の去勢手術って痛いの?

犬の去勢手術は、全身麻酔で眠った状態で行います。

また最近では、動物でも鎮痛をしっかり行うことが常識なので、積極的に鎮痛剤も使用しています。

ただ、猫は痛覚に関して強いと思われます。

人だったら痛くて動けないような傷を負っていても、平気でごはん食べたりする子もいます。

【まとめ】猫の去勢手術は何歳までにするべきか

猫の去勢手術を何歳までにやればいいかの決まりはないです。

ただ、生後半年~1歳までに去勢手術をするとマーキングやマウンティング行為を軽減する可能性は高いです。

去勢手術にはメリットとデメリットがあります。

最終的には飼い主様が責任を持って決めるようにしましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪