消化器(肝臓含む)

【猫の便秘解消法!】何日まで大丈夫?5つの予防法と対処法も解説!

【猫の便秘解消法!】何日まで大丈夫?5つの予防法と対処法も解説!

「猫がトイレで踏ん張っていて吐いてます…」

「猫の便が何日も出ていません…いつまで様子をみていいかな?」

「猫が便をするときに、すごい声で鳴きます…」

など、愛猫が便秘のときには様々な症状が出るし、いつまで様子を見ていいのか不安ですよね。

先日以下のツイートをしました。▼

猫が便秘の時は、緊急性はないことが多いですが、治療を始めないと最悪命に関わることもあります。

■本記事の内容

  • 猫の便秘の原因
  • 何日まで様子を見ていいのか?
  • この症状は便秘?~猫の便秘の症状
  • 自宅での対処法や予防法【簡単にできる!】
トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

愛猫が便秘で苦しんでいる場合は、是非読んでみてください!

猫の便秘は多い!便秘の原因とは?

猫の便秘は多い!便秘の原因とは?

猫の便秘(何日も便が出ない)は、めちゃめちゃ多いです。

猫の祖先は砂漠に住む動物だったため、水分をあまり摂らず、結果として便が硬くなってしまうという特徴があります。

猫の便秘の原因は、

  • 飲水量の低下
  • 骨盤腔が狭い
  • 腸がのびてしまっている
  • 腸の動きが悪い
  • 食事が合ってない
  • 毛玉をたくさん食べている
  • 異物が詰まっている
  • 直腸の感受性が低下
  • 体が痛くて踏ん張れない
  • 腫瘍があって腸が狭くなっている
  • トイレが好きじゃない
  • 何かしらの薬を服用している(利尿剤、ステロイド、鎮痛剤など)

などと、たくさんの理由が複雑に絡み合って発症します。

トラまりも
トラまりも
猫の便秘で、これが原因だ!って診断するのは難しいんだ。

これらの原因によって便が出ないことで、便中の水分が余計に吸収されてしまいます。

そうなると、さらに便が硬くなり排出できなくなる…といった悪循環になってしまいます。

そして、カチコチになった便は腸に貯まってしまい、腸が拡張してしまいます。

慢性的にこの状態が続くと、腸がのびのびになってしまい、巨大結腸症という腸が拡張してしまう病気になってしまうことが多いです。

巨大結腸症は、中高齢で太っているオス猫で多い病気です。

何日まで様子を見て大丈夫?

猫が何日便をしないとダメなのかという定義はありません。

トラまりも
トラまりも
2日に1回の子もいるし、3日に1回の子もいるからね。 

なので、下記でお伝えする症状がなければ2,3日様子を見てもいいと思われます。

「毎日出るのに今日は出ないので心配です…」

というお問い合わせも時々ありますが、元気食欲があれば大丈夫なことが多いです。

トラまりも
トラまりも
注意してほしいのは、便が出ないで踏ん張っているわけではなく、尿が出なくて踏ん張っていることもあるってこと!尿が出ない場合は緊急性があるので、すぐに動物病院に行くこと!特に冬場のオス猫で注意!

猫の尿が出ない!ってときの記事は、こちらを参考にしてください。▼

【要注意】猫の尿道閉塞はある日突然やってくる【予防すればOK】
【要注意】猫の尿道閉塞はある日突然やってくる【予防すればOK】猫が何度もトイレに行っているのに出ないときは、尿道閉塞という緊急疾患の可能性があります。この記事では、猫の尿道閉塞の原因や治療法などを獣医師が解説しています。尿道閉塞は予防できる病気です。愛猫と健康に過ごしたい方は是非読んでみてください。...

便秘の症状とは?嘔吐することもある

便秘の症状とは?嘔吐することもある

猫の便秘の症状はたくさんあります。

猫の便秘の症状
  • 踏ん張っていても出ない、諦める
  • 便を出すのに時間がかかる
  • すごい声で鳴く(ギャオギャオ、ワオワオ!)
  • 何度もトイレに行く
  • 毛が逆立っている
  • 体を触ると嫌がる、キレる
  • しぶり(液体みたいな、泡みたいなのしか出ない)
  • コロコロした硬い便
  • 嘔吐する
  • 脱水(背中の皮膚をつまんでも元に戻らない)
  • 食欲低下
トラまりも
トラまりも
よく見られる症状は、踏ん張っているけど出ない、出すのに時間がかかるだよ!

猫の便秘の診断

太った猫でなければ、おなかを触ると硬い便が触れます。

また、レントゲン検査で貯まった便が描出されます。

トラまりも
トラまりも
飼い主様が、腸の位置を知らずにお腹をギュっと触ることは危険です!優しく触るか、獣医さんに教えてもらってからにしましょう。

猫の便秘の治療法【食事療法が大事!】

猫の便秘の治療法【食事療法が大事!】

便秘で症状示している場合は、まずは固まった便を指を使って排出させます。

無理に行うと、腸や肛門を傷つけてしまうので、温かい生理食塩水を肛門から入れて便をふやかして、続く浣腸の処置でスムーズに出るようにします。

脱水をしている場合は、必要に応じて点滴治療も行います。

①浣腸

ある程度便が柔らかくなったら浣腸をして出します。

人間の赤ちゃん用や子供用の浣腸を使います。

トラまりも
トラまりも
便秘で浣腸をしたことがある人は分かるかもしれないけど、気持ち悪くなったり、意識が一瞬飛ぶ(失神)することもあるよね。猫においても、それには気をつけないといけないんだ。

②フードの管理~食事療法

便秘の再発予防のためには、食事療法が超重要です!

具体的には、

  • 可溶性繊維が入ったフードにする(消化器サポート可溶性繊維など)
  • 腸内細菌をコントロールするフードにする
  • ウエットフードを加える(水分摂取のため)
  • 肉のゆで汁を加える(水分摂取のため)
  • サイリウム(エダウチオオバコ)を食事に加える

などがあります。

トラまりも
トラまりも
猫の場合は、泌尿器疾患(おしっこトラブル)を持っている子が多いから、食事の変更は主治医の先生と相談してね!

可溶性繊維は水分を含むとゲル状になり、便を柔らかくして通過しやすくなります。

サイリウムも可溶性繊維の一つです。

③薬、サプリメント

食事の変更のみでは、再発することが多いので、下剤やサプリメントを併用します。

猫の便秘に用いられる薬やサプリメント
  • ラクツロース(便を柔らかくする)
  • 流動パラフィン(便を柔らかくする)
  • 白色ワセリン(便を柔らかくする)
  • モサプリド(消化管の運動を改善する)
  • ラキソベロン(下剤)
  • ビサコジル(結腸を刺激して排便させる)

便が柔らかくなりすぎることもあるので、調子を見ながら増減していきます。

また、日常的にビオフェルミンなどの整腸剤を与えることにも効果がある場合もあります。

トラまりも
トラまりも
便をするときの痛みで便秘になっている場合には、鎮痛剤を出すこともあるよ!

④環境の整備

猫は汚れたトイレが嫌いな子が多いです。

トラまりも
トラまりも
ま、人だってそうだよね!

なので、トイレをきれいにする!ってことは便秘対策として有用です。

仕事などで家をあけがちな方は、トイレを複数個用意してもいいかもしれませんね。

⑤外科手術

内科療法が困難な場合には、結腸という大腸の一部を取ってしまう手術を行います。

大腸は、盲腸・結腸・直腸からなります。

結腸で便中の水分を吸収し便を硬くするので、

「結腸を取っちゃえば、便が硬くならない!」

という手術です。

結腸を全部、もしくはほとんど取ってしまう手術なので、術後は軟便や下痢になってしまうこともあります。

オリーブオイルは便秘に良い!

オリーブオイルは便秘に良い!

慢性的な便秘で悩む猫には「オリーブオイルを飲ませてください」とお伝えすることもあります。

オリーブオイルには、便を柔らかくさせたり、つるっと出させる作用があります。

あげる量は、ティースプーン1杯程度を舐めさせる(飲ませる)といいです。

うまく飲んでくれない場合は、鼻にちょんと塗ったり、前足にくっつけると自分で舐めてくれることも多いです。

トラまりも
トラまりも
亜麻仁油でもいいよ!主治医の先生とご相談の上あげるようにね!

綿棒やマッサージはあまり…

綿棒やマッサージはあまり…

綿棒でおしりをツンツンする方がいらっしゃいますが、あまり意味ないですし危ないです。

また、腸の位置を知らずにマッサージをすることも、かえってよくない場合があります。

トラまりも
トラまりも
便が出なくて苦しいときに抱っこされると、嫌がってしまう猫は多いよ。無理にやらないようにね!

猫の便秘~5つの予防法とは?

猫の便秘の予防法はたくさんあります。

猫の便秘の予防法
  1. 太らせない
  2. 運動させる
  3. 被毛(毛玉)の処理をしてあげる
  4. ストレスをなくす
  5. 水を飲ませる

これにプラスして早期発見があります!!

トラまりも
トラまりも
最近便が硬いな…便をするときに時間がかかるな…ってときは主治医の先生に相談しよう!
すでに便秘の場合は、加えて、食事を変えたり薬を飲んだりする必要があります。

①太らせない

肥満は万病のもとです!

太っている子は、運動をあまりしないので余計に太ります。

また、太ると腹筋が使えなくなり、排便時にうまく力むことができなくなります。

痩せさせるためには、

  • 食事の量を減らす
  • おやつをあげない
  • ダイエットフードに変える

ようにして対応しましょう。

ダイエットフードには、繊維質が多くて(かさ増ししていて)余計に便秘になってしまうものもあるので注意してください。

トラまりも
トラまりも
フードの種類は主治医の先生と相談してね!

②運動させる

人間でも「適度な運動は便秘解消になる」っていいますよね。

それは猫も同じです!

適度な運動は腸の動きを活発にさせるため、一緒におもちゃで遊んだり、キャットタワーを設置してあげるなどするといいですね。

トラまりも
トラまりも
猫の場合、犬と違って運動させるってことは難しいから、部屋の中にキャットウォークを作ってあげるといいかもね!

③被毛(毛玉)の処理をしてあげる

たくさんの被毛(毛玉)を食べてしまって、便が硬くなってしまうこともあります。

特に長毛種の場合は毛が多いので、定期的にブラッシングをして、飲み込む抜け毛を最小限にしてあげましょう。

猫の舌には「糸状乳頭」というツブツブがあって、毛を舐めることでブラッシングの役割をしています。

なので、毛づくろいを自身でしている際に、そのまま毛を飲み込んでしまいます。

飲み込んだ毛は通常便として出ますが、定期的に嘔吐して排出しています。

あまりにも大量に飲み込んだ場合には、胃に貯まったり腸に詰まってしまい、手術になってしまうこともあります。

トラまりも
トラまりも
猫はブラッシングが苦手な子が多いから、毛球症対策のフードにしたり、定期的にトリミング(←これも苦手な場合が多い…)に出すのもいいかもね!

④ストレスをなくす

これも便秘の対策として、人でもよく言われますよね。

ストレスを感じると胃腸の動きが停滞してしまいます。

また、猫はストレスを感じやすい動物なので、ストレスをなくしてあげることは極めて重要です。

トラまりも
トラまりも
とはいっても、何が猫にとってストレスになっているのか分からなかったりもするよね…

具体的には、

  • 環境を一気に変えない
  • トイレをきれいに保つ
  • トイレの置き場所を再考する
  • 食事内容を急変しない
  • 生活リズムを保つ

などをしつつ、ストレスの原因が思いつくようらなら改善をし、様子を見てあげましょう。

トラまりも
トラまりも
猫をリラックスさせる音楽ってのもあるよ!▼

Copyright © 2020 CATS MUSIC BGM All rights reserved.

⑤水を飲ませる

水を飲むことで便中の水分が増えて、便が柔らかくなり排便がスムーズになります。

ただ、猫に水を飲ませるのはちょっと難しいですよね…?

猫に簡単!に水を飲ませる方法の記事もあるので、参考にしてみてくださいね。▼

脱水の治療と対策~飲水・皮下補液・静脈点滴
「猫が水を飲まない」5つの理由と飲ませ方10選【簡単にできる!】腎不全や夏場などは、愛猫に水を飲んでほしいですよね。この記事では、猫が水を飲まないときの理由や水の飲ませ方を10つ紹介してます。愛猫に水を飲んでもらいたい飼い主様は、ぜひ読んでみてください。...

【まとめ】猫の便秘解消法!自宅での予防法・対処法も解説

猫の便秘は、便がたくさん貯まっているときは、まずは動物病院で浣腸などをして出させる処置をする必要があります。

その後は再発予防として、食事を変える+薬を与えるようになります。

加えて、

  • 太らせない
  • 運動させる
  • 被毛(毛玉)の処理をしてあげる
  • ストレスをなくす
  • 水を飲ませる

ことが重要なので、日頃の過ごし方を見直してみましょう。

また、便秘になってしまったときは頑張ってケアや治療するけど、便秘が治ってくるとやめてしまう飼い主様は多いです。

猫の便秘は生涯を通しての管理が極めて重要です!

トラまりも
トラまりも
最近、愛猫の便が出づらいな…と感じた場合は動物病院に伺いましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪
こんな記事もおすすめ