犬の病気と予防

【犬や猫の空腹性嘔吐】元気なのに吐く場合には胆汁嘔吐症候群の可能性!

【犬や猫の空腹性嘔吐】元気なのに吐く場合には胆汁嘔吐症候群の可能性!

「愛犬が朝方に白い泡を吐きます…」

「愛猫がお腹がすくと吐いてしまいます…」

「元気なんだけど吐いちゃうんです…」

などと、犬や猫はお腹がすきすぎると吐いてしまうことがよくあります。

トラまりも
トラまりも
胆汁嘔吐症候群といって生理的(正常)なものなんだけど、注意すべき点もあるよ!

先日、以下のツイートをしました。

元気な犬猫が吐く場合には、
・空腹で胆汁が胃に逆流してる(胆汁嘔吐症候群)
・食べ過ぎ
・急いで食べた
・急いで水を飲んだ
・フードを変更した(アレルギー、劣化など)
などがあります。
食事回数を増やす、ゆっくり食べさせる、早朝に吐く場合は夜遅くに食事を与えるなどして対応。

■本記事の内容

  • 犬と猫はなぜ空腹で吐くの?
  • 吐くのをやめさせる方法は?
  • 動物病院に行くべきタイミングって?

愛犬や愛猫が元気なのに吐いてしまう…というときには、是非読んでみてくださいね。

トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

▼ペットの病気やしつけ、日常ケアなど最新情報を発信しています。▼

読んでみて興味があったら、トラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてくれると嬉しいです!

犬と猫は空腹で吐くことがある【胆汁嘔吐症候群】

犬と猫は空腹で吐いてしまう動物【胆汁嘔吐症候群】

犬や猫は臨床的に全く問題がなくても吐いてしまうことがあります。

その一つに「空腹時に吐く」ということがあります。

食事の回数が少ない犬や猫が、空腹時(特に早朝)に吐いてしまうことが多いです。

吐物は、胃液・胆汁・(白や黄色の)泡などで、臨床的には「胆汁嘔吐症候群」と呼ばれています。

胆汁は肝臓で作られる黄色い消化液です。胆汁を吐くと、吐物も黄色くなります。

原因は寝ている間に胆汁が胃内に逆流するためと言われていますが、実際のところはよく分かっていません。

トラまりも
トラまりも
人間もおなかがすくと、気持ち悪くなったりするよね。犬や猫は消化器の構造や反射から、そのタイミングで吐いちゃうことがあるんだ。空腹時の消化器の運動リズム(90~120分ごと)も関係しているのでは?と言われているよ。

吐いてしまっても、その後の食事をしっかり食べ、その後は吐かないといった特徴があります。

元気なのに吐く場合

元気なのに吐いてしまう場合には、胆汁嘔吐症候群以外にも、

  • 早食い
  • 食べすぎ
  • 毛玉を吐く
  • 急いで水を飲む

なんてときもあります。

トラまりも
トラまりも
これらは食べ方や食べる量をみてれば分かるよね。

猫の場合は、1日のうちの2~3時間程度を毛づくろいに使っているとも言われており、そのためたくさんの被毛を飲み込んでしまいます。

飲み込んだ毛の大半は便から出てきますが、一部は吐くことで排出しています。

また、エサの変更に関連して吐いてしまうこともあります(←アレルギーや食物不耐性、エサの劣化などが関与)。

犬猫の胆汁嘔吐症候群の対処法【空腹の時間を減らす】

犬猫の胆汁嘔吐症候群の対処法【空腹の時間を減らす】

犬や猫が空腹時に吐いてしまうときは、

  • 食事量は変えないまま、食事回数を増やす
  • 寝る前に食事を少し与える
  • 朝早くに食事を与える

など「空腹にならないようにして」対応しましょう。

トラまりも
トラまりも
よく吐くな…という時間を見極めて、その時間に空腹にならないようにしてあげるといいよ。

また、

「お留守番のときに吐いている…」

「早朝、空腹で吐いている…」

「おなかがすいて起こされる…」

といったときは、自動給餌器を設置することも方法の一つです。

特に、猫はちょこちょこ食いの動物です。

猫はそもそも、ネズミや昆虫などを狩りながら食べて生活をしていました。

捕まえては食べ…というリズムのため、頻回での給餌は本来の姿に近づくものでもあります。

食べない・吐きが続く場合には動物病院へ~薬で治療

空腹性の嘔吐は生理現象でもありますが、吐きが続くことはあまりよくありません。

また、空腹時の嘔吐が必ずしも生理的なものだとは限りません。

以前に、元気で食欲はあるけど、週に1,2回吐いていて、薬を飲むと多少コントロールできるけど、やっぱり吐く…という子が、消化器の腫瘍であったことがありました。

慢性的に続く吐き気は、内視鏡などの検査をして、しっかり診断をしていく必要があります。

【まとめ】犬や猫が空腹で吐くときの対処法

犬や猫は空腹時に吐いてしまうことがあります。

生理的なものではありますが、頻度が多い場合や元気食欲がない場合などには、検査や治療の対象となります。

小分けであげたり、遅めの食事などで改善がなければ、主治医の先生にご相談くださいね。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪
こんな記事もおすすめ