消化器(肝臓含む)

【犬の下痢】人用ビオフェルミンはOK!【5つの注意点も解説】

【犬の下痢】人用ビオフェルミンはOK!【5つの注意点も解説】

「犬が下痢をしているけど、人用のビオフェルミンってあげていい?」

「どれくらいの量のビオフェルミンをあげればいいの?」

など犬が下痢をしたとき、自宅にあるビオフェルミンをあげてもいいのか悩まれている飼い主様は多いです。

トラまりも
トラまりも
自宅に犬用の下痢止めなんてないことがほとんどだから、人用のビオフェルミンはどうかなーって思っちゃうよね!

この記事では、

  • 犬に人用ビオフェルミンをあげていいのか
  • ビオフェルミンをあげるときの注意点

などを解説していきます。

トラまりも
トラまりも
この記事を書いている私(トラまりも)は、東京で動物病院を運営しております!獣医療には20年ほど携わっています。

犬が下痢をしているとき、ビオフェルミンをあげても大丈夫!

犬が下痢をしているとき、ビオフェルミンをあげても大丈夫!

結論から言うと、犬に人用のビオフェルミンをあげても大丈夫です。

トラまりも
トラまりも
犬には必ず犬用のビオフェルミンを与えないといけないというわけではないよ!理由も説明するね! 

ビオフェルミンってそもそも何?

ビオフェルミンは、ビオフェルミン製薬が出している整腸剤です。

整腸剤とは腸内環境を整える薬で、善玉菌の増殖を促進する効果があります。

ビオフェルミンには、

  • 新ビオフェルミンS
  • ビオフェルミンチュアブル
  • ビオフェルミン下痢止め

などたくさんの種類があります。

この記事では、家庭によくある「新ビオフェルミンS」を単に「ビオフェルミン」と記載して解説していきます。

ビオフェルミンの成分は、

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌(フェーカリス菌、アシドフィルス菌)

の3種類の菌が入っています。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは以下の通りです。

ビフィズス菌

  • 主に大腸で働く
  • 乳酸と酢酸を作る(より強い殺菌作用)
  • 主に動物の腸で生息
  • 酸素があると発育できない(大腸のように酸素が少ないところで発育可)

乳酸菌

  • 主に小腸で働く
  • 乳酸を作る(殺菌作用)
  • 動物の腸だけでなく、漬け物や乳製品など自然界にも生息
  • 酸素があっても発育できる

といった違いがあります。

犬用と人用のビオフェルミンの違い

犬用と人用のビオフェルミンの違い

ビオフェルミンには、人用のビオフェルミンと動物用のビオフェルミン製剤があります。

動物用のビオフェルミン類似品は「ビオイムバスター」という商品名で売られています。

動物用(ビオイムバスター)と人用のビオフェルミンは、

  • 用量
  • 配合されている菌
  • 中身の成分
  • 動物用には味が付いている

といった違いがあります。

ビオイムバスターには、

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌(フェーカリス菌、アシドフィルス菌)
  • 有胞子性乳酸菌(胃酸に強い乳酸菌)
  • パンクレアチン(消化酵素)

が含まれており、人より強い胃酸(犬pH1、人pH2)を持つ犬により対応できるようになっています。

トラまりも
トラまりも
犬用のビオフェルミンには、ビフィズス菌と乳酸菌だけでなく、他の菌や消化酵素が入っているんだね。

下痢の犬にビオフェルミンを与えるときの5つの注意点

下痢の犬にビオフェルミンを与えるときの注意点

下痢の犬にビオフェルミンを与えるときは、注意点が5つあります。

①効果があるかどうかは分からない

ビオフェルミンは整腸剤なので、下痢にズバッと効く薬ではありません。

そのため、安全性は高い薬ですが、効果があるかどうかは分からない部分があります。

また、効きが悪いからといって増量しても、あまり意味がありません。

トラまりも
トラまりも
治りがよくない場合は、早めに動物病院に受診してね!

犬の下痢止め薬をまとめた記事もあるので、参考にしてください。▼

【犬の下痢止め薬】効く薬や市販薬、食事についてを獣医師が解説!
【犬の下痢止め薬】効く薬や市販薬、食事についてを獣医師が解説!犬の下痢止め薬には、効く薬と効かない薬があります。また単純な下痢の場合には、食事を変更するだけでよくなることもあります。この記事では、よく効く下痢止め薬や獣医師おすすめの食事も紹介しています。動物病院に行ったのに犬の下痢が全然治らない!って思ったときには是非読んでみてください。...

②用量を守る

ビオフェルミンの厳密な投与用量はありませんが、

  • 小型犬→半錠から1錠
  • 中型犬→1錠から1錠半
  • 大型犬や超大型犬→2~3錠

程度がよいと思われます。

犬の状態や個体差により異なるので、投与後はよく経過を見てあげてください。

③他の病気の一症状として下痢をしているときもある

下痢は単純で一過性のものから、重篤な病気の一症状として出ている場合があります。

そのため、下痢以外にも症状(吐いたり元気がなかったり)がある場合や、治りづらい下痢の場合は早めに受診をするようにしましょう。

④アレルギー症状を示すこともある

ビオフェルミンにアレルギー反応を示すことは非常に少ないですが、絶対ないわけではないです。

薬を飲んだ後何かしらの症状、例えば、

  • 体をかゆがる
  • 吐いてしまう
  • 元気がなくなる

などがあれば、すぐに主治医の先生に確認しましょう。

⑤ビオフェルミンSは抗生物質との併用不可

ビオフェルミンは生きた菌なので、抗生物質と一緒に使用すると効果がなくなってしまいます。

そのため、何かしらの病気で抗生物質を出されている場合は、ビオフェルミンSを使うことができません。

代わりに使えるのがビオフェルミンRです。

ビオフェルミンSとビオフェルミンR

ビオフェルミンには、新ビオフェルミンSのような「ビオフェルミンS」と抗生物質にも負けない「ビオフェルミンR」とがあります。

トラまりも
トラまりも
ビオフェルミンRは、動物病院で出される薬だよ!

ビオフェルミンSは、

  • 指定医薬部外品なので、誰でも市販で購入できる
  • 抗生物質にやられてしまう乳酸菌が入っている

という特徴があり、ビオフェルミンRは、

  • 医薬品なので、動物病院での処方となる
  • 抗生物質にやられない乳酸菌(耐性乳酸菌)が入っている

ということがあります。

動物病院では、抗生物質と一緒に出すことが多いのでビオフェルミンRを使用することが多いです。

【まとめ】犬が下痢のときにはビオフェルミンを飲んでもOK

ビオフェルミンは副作用も少なく、比較的安全性の高い薬です。

人でもよく使われる薬なので、家に常備してある方も多いと思います。

使用する際には、5つの注意点に気をつけ、治りが悪い場合や不安なときには、速やかに主治医の先生に確認しましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪
こんな記事もおすすめ