犬のしつけ

【子犬の甘噛みが治らない!】治し方・対策教えます!【いつまで続く?】

【子犬の甘噛みが治らない!】治し方・対策教えます!【いつまで続く?】

子犬を飼い始めたばかりの方の相談で、

  • 甘噛みがひどいんです!治らないんです!
  • トイレを全く覚えてくれません!

の2つはダントツで多いです。

「このまま大人になったらどうしよう…」

「どうやってしつければよいのだろう…」

と悩んでしまいますよね…

トラまりも
トラまりも
「うちの子は甘噛みじゃなくて、本気噛みなんです!!」という方も多いです。

子犬の甘噛みについて、先日以下のツイートをしました。▼

子犬子猫の甘噛みは、本能行動なので100%あります。
赤ちゃんのおしゃぶりの様なものです。
そのため、噛むのを止めさせることはできません。
噛む対象を手や足ではなくおもちゃなど『噛んでもいいもの』に変更しましょう。
甘噛みを怒ったり、大きな声を出すのもNG。
たくさん遊べばいい子に育つ😊

この記事では、子犬の甘噛みについて、

  • なぜ甘噛みをするのか?
  • 甘噛みの治し方
  • いつまで続くのか?

などを解説しています。

子犬は甘噛みを100%します。

ただ、上手にしつけていくことは可能です。

子犬の甘噛みについて悩まれている飼い主様は、ぜひ読んでみてください。

 

子犬のトイレのしつけについての記事は、こちらを参考にしてください。▼

トラまりもの子犬のトイレのしつけ方コツをつかんですぐに覚える方法を解説!
【子犬のトイレのしつけ方】4つのポイントを押さえて完璧!子犬が家に来たら、まずすべきことはトイレのしつけです。子犬のトイレのしつけ方には4つのポイントがあります。子犬がトイレをするタイミングが分かるようになり、おやつを使ってトイレに誘導すればすぐにできます。...

子犬の甘噛みが治らない!甘噛みの原因・理由とは?

子犬の甘噛みが治らない!甘噛みの原因は?

まず覚えておいてほしいのは、子犬は絶対100%甘噛みします!ということです。

子犬が噛むのは、

  • 歯がかゆい、歯の生え変わり
  • 『噛む』という行為に興味がある
  • コミュニケーションの一つとして備わっている

からで、本能的な行動なのです。

「うちの子は甘噛みがすごいんです…、本気噛みなんです!」

と相談される飼い主様も多いですが、いえいえ、みんなすごいです!

トラまりも
トラまりも
「遊んで!」と噛んだり、かまってほしくて噛んだりなどは本能的な行動。みんな100%あるよ! 

そして、重要なこととして、

甘噛みを放置するから、将来本気噛みをするようになるわけではありません。

いつまで続く?

個体差はありますが、生後7,8か月齢くらいまでは続くことが多いです。

犬の永久歯が生えそろう時期が、おおよそ7,8か月齢(個体差はあります)なので、そのくらいまで甘噛みも続くことになります。

1歳を過ぎるとなくなることは多い傾向にあります。

子犬の甘噛みが治らない!やめさせる方法とは?

子犬の甘噛みが治らない!やめさせる方法とは?

そもそも子犬が『甘噛み』をするのは当然だということですね。

そのため『噛むという行為』をやめさせるのは無理です。

トラまりも
トラまりも
子犬にコミュニケーションをするな!と言っているようなものだからだよ。

ただ、「なんで噛んでいるのか?」を理解して、対策することは可能です。

「なんで噛んでいるのか?」は大きく分けて、

  1. かまってほしくて、遊んでほしくて噛んでくる
  2. 怖かったり、いやだったり、恐怖や不快で噛んでくる

のどちらかです。

①かまってほしくて、遊んでほしくて噛んでくる場合の対処法

具体的な対策は5つあります。

おもちゃやガムなど『噛んでいいもの』を噛んでいるときに、ほめてあげる

「なんだかよく分からないけど、おもちゃで遊んでると、ほめてもらえる!」

と覚えると、おもちゃで遊ぶことに夢中になります。

トラまりも
トラまりも
噛んでいいものを、ただ置いておいても意味ないよ。ひとりじゃ絶対遊ばないからね。投げたり、引っ張ったりして飽きないように付き合ってあげてね。

手を噛ませることはしない

噛むことをやめさせるのは無理なので、

噛む対象を人の手や足などでなく、おもちゃやガムなどにしましょう。

遊びながら噛めるタイプのおもちゃはおすすめです。


そして、おもちゃを噛んでいるときには、ほめておやつをあげるようにしましょう。

手や足を噛んできたときは、無視して背を向ける

噛んでくるときは、基本的に無視しましょう。

「やめて!」とか「こら!」とかの言葉で怒ると、「かまってもらっている!」と勘違いする子も多くいます。

トラまりも
トラまりも
スリッパとかズボンとかね、みんな絶対噛むの!そんなときは『無視』ねっ!

噛む状況を作らない

子供さんがいるような家庭では、例え甘噛みだったとしても、ケガをしたり恐怖に感じたりすることはよくあります。

でも、何度も言うように、子犬が甘噛みをするのは絶対なので、

『噛む状況を作らない』ようにして対応するようにしましょう。

具体的には、

  • 子犬が興奮しているときには触らせない
  • 子供さんが寝てから、別部屋でたくさん遊んであげる
  • 子供さんを抱っこしているときだけ、自由にさせてあげる
  • 親の目の届く範囲で、サークルから出す

などをするといいです。

トラまりも
トラまりも
大きくなれば噛まなくなるから、今だけの辛抱だよ!

疲れ果てさせる

子犬は疲れ果てると、噛んだり吠えたりせず寝ます。

暇だから、遊んでほしくて手や足、またスリッパや靴下を噛んだりするのです。

なので、疲れ果てさせるというのも大いにアリです。

トラまりも
トラまりも
散歩中やごはん中、寝ているときは噛まないよね?噛む暇を与えない!っていうのもいいよ。

疲れ果てさせるためにも、

  • いろんな犬や人に会わせる
  • 車やバイクの音、救急車や飛行機の音などを聞かせてあげる
  • 車や電車を見せる、乗せる
  • 公園に連れて行ってあげる
  • ドックカフェに連れて行ってあげる
  • パピー教室に連れて行く
  • おもちゃを投げたり、引っ張ったりして思いっきり遊んであげる
  • 人を招いてみる
  • 餌を一度にあげるのではなく、ごほうびとして少量ずつあげる
  • コングなどの知育玩具(あたまを使うおもちゃ)を与えてみる
  • 掃除機やチャイムの音など、ありとあらゆる生活音を聞かせる

などいろいろ方法があります。

子犬のうちから、毎日のように動物病院で預かっていたり遊びに来ている子は、様々な音や人、動物と出会い、いろんな刺激があるので、おうちに帰るとバタンキューだそうです。

そして、大人になっても、精神的に安定している子が多いです。

「忙しくてそんなのできない!」という人もいらっしゃるかもしれませんが、

週に5日、ほとんどケージに入れられ、たまの休みも遊んでもらえなかったら、子犬もストレスが溜まるのは当然ですよね。

嫌だったり、恐怖で噛んでくる場合の対処法

ブラッシングをしたり、抱っこしたり、なでられたりすると噛んでくる子もいます。

その場合は、それらの行為に慣らす必要があります。

一気に慣らそうとせず、おやつを使いほめながら、慣らしていきます。

そして、噛んでくる前に、その行為をやめるようにすることが重要です。

ブラッシングができるようになる方法はこちらをご参照ください。▼

トラまりもの子犬のブラッシングはいつから?噛まれず、うならずにできるブラッシング法も解説!
子犬のブラッシングはいつから?【上手なやり方も解説!】子犬のブラッシングは家に来て1週間後くらいから始めましょう。いきなりブラッシングをせず、はじめは体を触ることに慣らしましょう。おやつを使いながら、具体的なブラッシング法を解説しています。...

子犬の甘噛みが治らないときに行うNGな方法

子犬の甘噛みが治らないときに行うNGな方法

子犬が甘噛みをしてきたとき、

  • 口(マズル)を押える
  • 大きな声で怒る
  • こぶしを口の中に入れる
  • 倒して押さえつける

などの行為は絶対NGです!

そもそも、甘噛みはコミュニケーションの一つです。

それを強制的にやめさせられたり、怒られたりしたら、おくびょうになってしまったり、余計に噛んでくる(威嚇してくる)子になってしまいます。

トラまりも
トラまりも
人の子供でも、「遊んでー♪」って寄って行ったら、めちゃくちゃ怒られたり、押さえつけられたりしたら、いい教育とはいえないですよね。

『噛んできたらゲージに入れる』という方法でのしつけもよくあります。

でも、あまりおすすめしません。

なぜなら、出したらすぐ噛んでくる(←遊んでと言ってるだけですよ!)場合は、またすぐゲージに舞い戻る…ことになるので、子犬も訳わからなくなるし、ストレスにもなるからです。

いろんな方法を試しても治らないときは?

いろんな方法を試しても治らないときは?

そもそも『なんで噛んでいるのか?』を理解していない場合が多いです。

遊んでほしくて噛んでいるときは、飽きるくらいたくさん遊んであげましょう。

怒って噛んでいるときは、怒る前にその作業をやめ、おやつを使ってほめてあげましょう。

それでもうまくいかないときは、ドックトレーナーや獣医師に頼ってみるのも方法の一つです。

【まとめ】子犬の甘噛みが治らない!治し方・対策教えます!【いつまで続く?】

甘噛みは、子犬の成長過程で必ずあるものです。

そのため、甘噛みの対策をしたい場合には、『噛んでくる理由』を理解してあげる必要があります。

イライラせず、怒ったりせず、「そのうち終わるものだ!」と思って、楽しく付き合ってあげましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪