腎泌尿器・内分泌

【犬が急に粗相するようになった!】5つの原因と対策法を徹底解説!

トラまりもの犬が急に粗相をする5つの理由 なぜトイレを失敗するのか?

「犬が急にトイレではないところで粗相するようになった!」

「じゅうたんに粗相されました…」

「嫌がらせ?犬が突然ふとんでおしっこしました」

など犬が急に粗相をすると、ちょっとイラっとして怒ってしてしまうと同時に、なんでだろう…と不安になってしまいますよね。

粗相:犬の場合はおしっこや排便を失敗することをいいます。

この記事では、

  • 犬が急に粗相をする原因5つ
  • 具体的な対策法

などを獣医療に携わって20年の獣医師トラまりもが、分かりやすく解説いたします。

※なお、この記事でお伝えする原因や対策法は、トイレをまだ理解していない時期の子犬については当てはまらないので注意してください。

子犬のトイレトレーニングはコチラの記事を参考に行ってみてください。▼

【子犬のトイレのしつけ方】トイレトレーニングは4つのポイントを押さえて完璧!
【子犬のトイレのしつけ方】トイレトレーニングは4つのポイントを押さえて完璧!子犬が家に来たら、まずすべきことはトイレのしつけです。子犬のトイレのしつけ方には4つのポイントがあります。子犬がトイレをするタイミングが分かるようになり、おやつを使ってトイレに誘導すればすぐにできます。...

犬が急に粗相をする原因5つ

急に粗相をする犬

犬が急に粗相をする5つの原因は、

  1. トイレが嫌い
  2. マーキング
  3. 恐怖や不安がある(ストレス)
  4. 病気が潜んでいる
  5. 老齢

があります。一つずつ解説していきます。

原因①トイレが嫌い

トイレが汚れていてにおいがついていると、しなくなってしまうこがいます。

一方で、自分のにおいがないとしない子もいます。

トイレに入るときに「カタッ」と音がなるのが嫌だといった子や、トイレの形が嫌いという子もいます。

トラまりも
トラまりも
トイレまでに障害物があったり、アクセスがしにくい場合もトイレが嫌いになるよ!

今一度トイレやトイレ周りの環境をチェックしてみてください。

原因②マーキング

マーキングのためにいつもと違う場所ですることがあります。

  • 未去勢・未避妊の子
  • 発情中の子
  • 多頭飼いをしている場合

などは、なわばりを作るため、いろんなところに排泄することがあります。

トラまりも
トラまりも
自分のにおいをいろんなところに付けたいんだね!

原因③恐怖や不安がある(ストレス)

恐怖や不安があって、粗相をしてしまう犬もいます。

  • 引っ越し
  • 新しい家族やペットが増える
  • 家族との接し方に不安がある
  • 来客があった
  • 飼い主が留守になって不安
  • 地震や雷があった

と言った場合に、粗相をしてしまうことがあります。

トラまりも
トラまりも
最近では、新型コロナウイルス感染症で飼い主様のライフサイクルが変わって、それにうまく対応できない犬が多いよ!

かまってほしくて、わざと粗相をする子は多いです。

怒ったり心配したり過度に接すると、「粗相をするとかまってもらえる!」と思ってより粗相をするようになります。

その場合は、無視してしれっと片づけましょう。

繰り返すうちに「粗相をしてもいいことないや」と犬が理解します。

原因④病気が潜んでいる

病気が原因で急に粗相をするようになることもあります。

  • 膀胱炎
  • 尿道閉塞
  • おなかが痛い

などでトイレまで我慢ができないことで粗相してしまうこともあります。

また、糖尿病やある種のホルモン異常などの病気により粗相をすることもあります。

これらの病気は、水をたくさん飲むので、間に合わなくて違う場所でするようになってしまいます。

なので、環境に特に変化がなく、別の場所でするようになってしまった場合は、病気が潜んでいる可能性もあるので注意が必要です。

トラまりも
トラまりも
心臓病などで利尿剤を飲んでいる場合も、トイレの回数が増えるので、粗相をしてしまうことはあるよ!

何度もトイレに行く病気「膀胱炎」「尿道閉塞」についての記事はコチラ▼

【犬のおしっこが出ない!】何度もトイレに行く頻尿の原因と対処法を解説!
【犬のおしっこが出ない!】何度もトイレに行く頻尿の原因と対処法を解説!犬のおしっこが出ない場合は、①尿道が詰まっている、②膀胱が空っぽ、③前立腺の病気の可能性があります。尿道が詰まっていておしっこが出ない「尿毒閉塞」は緊急性があります。...

原因⑤高齢

高齢で老犬のため粗相してしまう事もあります。

トイレの位置が分からなくなってしまったり、トイレまで間に合わなかったりということが原因です。

犬も老化すると視力や嗅覚が低下するため、トイレがどこか分からなくなってしまうことはあります。

また、認知症により粗相をしてしまうことや、頭はしっかりしていても、足腰の筋力低下によって漏らしてしまうといったことも多いです。

犬の急な粗相にはこうやって対策しよう!

粗相をした犬

対策法はいろいろありますが、

  • トイレを大きくする
  • トイレの数を増やす
  • トイレを清潔にする
  • アクセスしやすい場所にトイレを再設置する
  • 不適切な排泄は徹底的に掃除する
  • 定期的にトイレに連れて行く
  • 粗相をした布団などは片づけたり、位置を変えてみる
  • 布団などにしてしまう場合は、一時的にそこにトイレを置く
  • マーキングの場合は、マナーバンドや去勢・避妊手術を考慮する
  • 分離不安の場合は薬物療法を考える

といったことがあります。

トラまりも
トラまりも
病気で粗相をしている場合もあるから、いろいろ対策しても改善しなければ主治医の先生に相談してみてね!

一つずつやってみましょう。

【まとめ】犬の急な粗相の5つの原因

いつもと違った場所でトイレをしてしまう時は、

  1. トイレが嫌い
  2. マーキング
  3. 恐怖や不安がある(ストレス)
  4. 病気が潜んでいる
  5. 老齢

という原因があります。

見極めて対策をし、改善がなければ主治医に相談しましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪