犬の日用品

【ドックフードの保存方法】冷蔵庫はNG!保存期間やおすすめ保存容器を紹介!

犬が多飲多尿になる5つの原因は?

「ドックフードってどうやって保存するといいの?」

「開けてからどれくらいもつの?」

「終わりかけになると、食いつきが悪くなるんです…」

みなさま、愛犬のドックフードはどのように保存されていますか?

トラまりも
トラまりも
愛犬の食いつきが悪い…そんなときには間違った保存方法をしている場合もあります!

■本記事の内容

  • ドックフードの保存方法~間違った保存方法も解説
  • どれくらいで使い切るべきか
  • おすすめの保存容器

愛犬のドックフードの保存方法を知って、おいしく食べてもらいたい!という飼い主様は、ぜひ読んでみてください。

ドックフードの正しい保存方法とは?種類別に解説

ドックフードの正しい保存方法とは?種類別に解説

ドックフードをしっかり保存することは、とても重要です。

保存方法を間違えてしまうと、ドックフードが劣化してしまい、風味が損なわれるだけでなく、カビが生えたり、害虫がわいたりします。

場合によっては、これを食べることで、下痢や嘔吐をしたりすることもあります。

特に、梅雨や夏の暑い時期には、温度や湿度による影響があるため、より悪くなるスピードが速いです。

ドックフードの保存方法は、フードのタイプによって異なるので、分けて解説いたします!

ドライフード

ドライフードの正しい保存方法は、

  • 直射日光をさけ
  • 小分けにしてorフードストッカーに入れて
  • 密封して
  • 冷暗所保存

です。

ドックフードは外国産のものが多いので、4kg入り・8kg入りなど大袋にて販売されているものもよく見かけます。

外国の場合には大型犬が多いので、すぐに使い切ると思いますが、日本においてはチワワやトイプードルなどの小型犬がほとんどなので、食べ終わるのにとても時間がかかってしまいます。

トラまりも
トラまりも
食べきるのに1か月くらいかかってしまう…なんてこともあるよね。

ドライフードは犬のエネルギー源となる油脂がコーティングされているものが多く、これによってすぐに酸化をしてしまいます。

酸化:鉄がさびたり、りんごが茶色くなったりするのと同じ。

酸化防止剤が入ってはいますが、なるべく密封・小分けにして、空気と触れ合わないようにしましょう。

ウェットフード

ウェットフードの場合には、開封後は当然ながら常温保存はできませんよね。

一度で食べきれない場合には、

  • 冷蔵保存なら1~2日
  • 冷凍保存なら2~3週間

程度で使い切るといいですね。

どちらもあげる際には、電子レンジで人肌程度に温めてからあげましょう。

トラまりも
トラまりも
熱くなりすぎた場合には、しっかり冷ましてからあげてね!

セミモイスト~半生タイプ

セミモイストタイプのドックフードは、ドライフードに比べると水分含量が多い(25~35%程度)のが特徴です。

そのため、カビが生えやすく、劣化もしやすいです。

小分けパックになっていることが多いと思いますが、1回で使い切るのが難しい場合には、密封容器に入れ、冷蔵庫にて保存をしましょう。

未開封の場合にも、袋内で蒸れてしまうことがあるので、冷暗所で保存するようにしましょう。

ドライフードの冷蔵庫での保存はNG!

ドライフードの冷蔵庫での保存はNG!

ドックフードを冷蔵庫で保管している飼い主様は多いと思います。

トラまりも
トラまりも
なんでも冷蔵庫で保存したくなるお気持ち分かります。

ただ、ドックフードの冷蔵保存はNGです!

というのも、冷蔵庫に入れておいたドックフードを外に出すと、温度差から結露をしてしまうからです。

毎回、冷蔵庫から出すたびに結露をしてしまうと、品質が落ちてしまう可能性があるため、冷蔵庫での保存は控えるようにしましょう。

どれくらいで使い切るべき?

ドライフードの冷蔵庫での保存はNG!

ふうを開けてから、どれくらいで使い切るべきか?はよく分からないですよね…

「○○日です!」という厳密な決まりはないですが、よくお答えしているのが、

「あなた(飼い主様)自身が食べられると思う期間内にしてください」

とお伝えしています。

例えば、「開けてから1か月経ってたら、ちょっと食べたくないな…」

と思ったら、愛犬にもあげない方がいいです。

鼻の利く犬にとっては、人よりも劣化やにおいの減少に敏感です。

トラまりも
トラまりも
メーカーさんによっては開封後にどれくらいで使い切るべきか?記載しているところもあるので確認してみよう!

ドックフードのおすすめ保存容器

ドックフードのおすすめ保存容器

愛犬の食事をよりよい状態で保存するためには、適切な保存容器が重要となってきます。

日常的に使用するものなので、デザイン性がよいというのも選ぶ基準となります。

ドライフードの保存容器

小分けで保存するなら、『ジップロック』一択です。

大袋のまま保存する場合には、しっかりと密封できるフードストッカーがおすすめです。

構造がシンプルなものだと、衛生的な管理も楽チンです。

 

トラまりも
トラまりも
中身が見えない容器だと、光の影響を受けづらくて、よりいいよね!

ウェットフード、ゼミモイストタイプの保存容器

ウエットフードやセミモイストタイプの場合には、傷みを防ぐために、小さいタッパーに小分けにして保存するといいでしょう。

密閉できる容器や袋だとより安心できます。

ウェットフードの場合、数日で使い切れない場合には冷凍するのがおすすめです。

その際は電子レンジで解凍できるように、電子レンジ対応のものを選ぶといいですね。

【まとめ】ドックフードの保存方法~冷蔵庫はNG!どれくらいで使い切るべきかも解説!

ドライフードの保存方法は、『小分け+密封して、冷暗所で保存』、ウェットフードは1~2日なら冷蔵、それ以上なら冷凍保存がおすすめです。

ドライフードを冷蔵保存すると、結露で劣化してしまうので、控えるようにしましょう。

また、保存期間はドライフードなら1か月程度以内、ウェットフードなら1,2日程度(冷凍なら1か月程度)にしましょう。

いま一度、愛犬の食事の保存方法について、しっかり確認してみましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪