犬の日常ケア

【初心者でもできる!】犬の肛門腺の絞り方や頻度を獣医師が解説!

【初心者でもできる!】犬の肛門腺の絞り方や頻度を獣医師が解説!

「犬の肛門腺って自分で絞れるのかな?」

「肛門が鉄くさいな…」

「肛門腺がすごく出るけど、病気なのかな…」

など、犬の肛門腺についてのご相談はよくあります。

トラまりも
トラまりも
なんだか鉄臭いにおいがすると、どうしたんだろ…って不安になっちゃうよね。

この記事では、

  • 犬の肛門腺の絞り方
  • 肛門腺を絞らないとどうなる?
  • 肛門腺を絞る頻度は?
  • 肛門腺は破裂するって聞いたけど…

など「犬の肛門腺のケア」について、あらゆるお悩みを解決いたします!

犬の肛門腺の絞り方は、肛門に向けて「押し上げる」

肛門腺

犬の肛門腺を絞るのは、はじめは難しいですが、コツをつかむと簡単です。

肛門腺は肛門の下、4時と8時の方向(写真の赤丸)にあるので、親指と人差し指(と中指)を肛門下に(ある程度強めに)当てて、肛門に向けて押し上げる感じでやると出ます。

ぴゅっと出るので、ティッシュを3、4枚重ねてやるといいです。
トラまりも
トラまりも
右利きの人は、左手でしっぽを(まっすぐ上に)持ち上げて、右手で絞ったほうがやりやすいよ。

初めてやるときは、力の入れ具合や位置が分からないので難しいと思います。

毎日犬が嫌がらない程度に練習すると、少しずつ出るようになってきます。

トラまりも
トラまりも
難しかったら無理にやらなくても、動物病院やトリミングサロンでやってもらうといいよ!

犬の肛門腺はにおい袋

そもそも肛門腺とは、「におい袋」です。

スカンクが敵に襲われたときに、「くさいおならをする!」というのは有名かもしれませんが、その正体は肛門腺からの分泌液です。

犬の場合は、便に混ざって出たり、興奮や緊張したりするときにピュッと出たりします。

トラまりも
トラまりも
動物病院に来ると、緊張して肛門腺を出す子はよくいるよ。

その分泌液はマーキングの意味があり、犬がおしりをクンクンしあうのは、この肛門腺のにおいを確認しあっているのです。

肛門腺の鉄臭いにおいは正常です。

肛門腺は人にもある

肛門腺は人にもあります。

ストレスやアルコールなどで下痢が続くと肛門腺が化膿してしまい、ひどい場合は瘻管(ろうかん)という管を形成し、膿が排泄されます。

痔瘻(じろう)というもので、男性に多い痔の一つです。

犬の肛門腺絞りの頻度は1~2か月に1回

犬の肛門腺絞りの頻度は1~2か月に1回

ご自身で絞られている方は、大体1~2か月に1回絞ってあげるといいでしょう。

ただ、定期的にトリミング店や動物病院でシャンプーをしている子は、そこで絞ってもらえるので、ご自身で絞らなくても大丈夫なことがほとんどです。

犬の肛門腺は絞らないと破裂する!?

ある日突然おしりをすごく気にし出して、よく見ると濡れていてすごく臭い…という場合は肛門腺が破裂してしまった可能性があります。

肛門腺からの分泌物は、

  • おしりの筋肉量
  • うんちの性状(硬さ)

などに関連して絞り出されます。

そのため、

  • 小型犬
  • 年をとった子などで筋力が弱い場合
  • 便が緩いとき

などの場合は、うまく出せず貯まりに貯まって破裂してしまうことがあります。

破裂は突然にやってくるので(前兆として「そういえば最近よくおしりを気にしていたかも」という場合もありますが)、定期的に肛門腺絞りをしておくといいでしょう。

肛門腺が貯まっているときは、おしりを気にしていることが多い

肛門腺が貯まっているときは、おしりを気にしていることが多いです。

他にも、おしりを気にする原因としては、

  • 肛門まわりが痒い
  • うんちに虫がいる
  • 肛門腺に炎症が起きている

などがあります。

便をし終わった後、おしりを地面にこすりつけるワンちゃんはよくいますよね。

おしりを気にしているしぐさなので、動物病院で診てもらうほうがいいです。

肛門腺が破裂してしまった場合は動物病院へ

肛門腺が破裂してしまった場合は、すみやかに動物病院に伺いましょう。

洗浄と保護、抗生物質の投与でよくなることがほとんどです。

その後は定期的に肛門腺を絞り、再発を予防しましょう。

何度も再発してしまう子は、肛門腺を手術で摘出するということもできるので、動物病院で相談してみましょう。

【まとめ】犬の肛門腺絞り方と頻度

犬の肛門腺は、肛門の下4時と8時の方向にあります。

親指と人差し指(と中指)を使って押し上げるように絞りましょう。

トラまりも
トラまりも
難しかったら無理せず動物病院やトリミングサロンでやってもらおう!

肛門腺絞りの頻度は、1~2か月に1回程度で行いましょう。

定期的にトリミングに行っている場合は、そこでやってくれるのでOKです。

肛門腺は貯まりすぎると、炎症や感染が起きたり、場合によっては破裂してしまうこともあります。

定期的に絞ってあげて、病気の予防をしましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪