猫の中毒と誤食

「猫が漂白剤を舐めた!?」症状や自宅での対処法を獣医師が解説!

トラまりもの猫が漂白剤を舐めた!症状や対処法を徹底解説!

「漂白剤をこぼしちゃったら、猫がなめちゃった!」

「漂白剤の入ったバケツ置いておいたら、猫がなめたかもしれない…」

「漂白剤を誤飲したときの症状は?」

など、猫が漂白剤を舐めたり、誤飲してしまったら、慌ててしまいますよね。

トラまりも
トラまりも
猫は漂白剤のにおいが好きなんだよ!マタタビみたいにすりすりすることが多いんだ!

この記事では、猫が漂白剤を舐めたり、誤飲してしまったときに、

  • 自宅での対処法
  • どんな症状が出るのか?
  • 動物病院に行くべきタイミング

などを、獣医療に携わって20年の獣医師トラまりもが分かりやすく解説いたします。

漂白剤の成分は次亜塩素酸ナトリウム

漂白剤の入ったバケツ

漂白剤には、塩素系や酸素系、還元型漂白剤など様々あります。

猫の誤飲でよくあるのは、ハイターやキッチンブリーチなどの「塩素系漂白剤」の誤飲です。

塩素系漂白剤には、

  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • 水酸化ナトリウム
  • 次亜塩素酸カルシウム(さらし粉)
  • 塩化イソジアヌール

などの成分が含まれています。

トラまりも
トラまりも
ちなみに、新型コロナウイルス感染症で有名になった「次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする水溶液)」とハイターの成分の「次亜塩素酸ナトリウム」は全然種類が違うからね!

猫が漂白剤を舐めたら、どんな症状が出るの?

塩素系漂白剤は強アルカリ性のため、舐めたり飲んだり、皮膚に付いたりすると、

  • 口や皮膚のただれ、痛み
  • よだれ
  • 嘔吐
  • 吐血
  • 涙が出たり、眼が真っ赤になる

など、胃腸や皮膚の炎症を引き起こします。

トラまりも
トラまりも
漂白剤触ると、皮膚がヌルヌルするよね。あれは皮膚が漂白剤によって溶けてしまっているんだ。

また、漂白剤のガスを吸引することにより、

  • 呼吸が早い
  • 苦しそう
  • 咳をする

といったこともあります。

自宅での塩素系漂白剤の使用により、呼吸困難になってしまい亡くなってしまった猫ちゃんもいるようです。

猫が漂白剤を舐めた場合の自宅での対処法3選

可能であれば、浴室に連れて行き、シャワーで口の中を十分に洗ってあげましょう。

トラまりも
トラまりも
猫は水が苦手な子が多いから、無理しないで。ちょっと水を飲ませる程度くらいが安全でいい場合もあります。

人間の中毒情報をまとめている「日本中毒情報センター」では、塩素系漂白剤を誤飲した場合、以下を推奨しています。

 塩素系漂白剤

■毒性
組織を腐食する作用が強いので、皮膚や粘膜がただれます。原液を少しでも口にした場合は危険です。うすめたものでも注意が必要です。

■症状
飲み込んだ場合は、口の中、のどから胃のあたりまでただれて痛くなり、ついには物を飲み込めなくなる恐れがあります。吐き気や嘔吐も起こします。
原液や濃厚なものが眼に入ると、ひどい場合は失明する危険もあります。

■事故が起こったら
原液や濃厚なものを少しでも口に入れたときには、吐かせてはいけません。口の中をよく洗い、牛乳や卵白を飲ませてすぐに受診します。
数100倍程度にうすめた液でも飲み込んだ場合は、応急手当をおこなったのち様子をみます。口の中がただれて痛みがあったり、吐き気がするなど異常があれば受診します。
皮膚についたときは大量の流水で洗い、痛みがあれば受診します。眼に入った場合は、弱い流水で10分間以上洗ったのち、すぐに眼科医を受診します。

(出典:公益財団法人 日本中毒情報センター

これは猫の場合も同じです。具体的に、以下で順を追って説明していきます。

対処法1:口の中を良く洗う

まずは「洗い流す」、これにつきます。

可能であれば浴室に連れて行き、シャワーで口の中を十分に(10分以上)洗ってあげましょう。

トラまりも
トラまりも
何度も言うけど、猫は水が苦手だから無理をしないで!また、水の誤飲には注意してね!
目に入った場合も、水でよく洗いましょう。

対処法2:水を飲ませる

猫は人と違って、飲みたくないときに水を飲んでくれません。

なので、スポーツドリンクを薄めて味をつけて飲ませたり、スポイトなどで飲ませてあげるようにしましょう。

トラまりも
トラまりも
あげすぎると吐いてしまうので、注意してください!

対処法3:牛乳があれば飲ませる

牛乳やヨーグルト、卵白などは、消化管に被膜を作るので、漂白剤の吸収が悪くなります。

可能ならば飲ませてあげましょう。

トラまりも
トラまりも
下痢をする場合があるから、少し薄めて飲ませるといいよ!

猫が漂白剤を大量に飲んだ場合、様子がおかしい場合は動物病院へ

大量に飲んだときや何かしらの症状がある場合は、同様の処置をしてすぐに動物病院へ伺ってください。

異物を食べたり、飲んでしまったときには「吐かせる」ことが基本です。

ただし、漂白剤の場合は、吐かせると食道や口腔がただれてしまうので、催吐処置はしません。

点滴療法や、胃洗浄などで様子を見ていきます。

【まとめ】猫が漂白剤を舐めた時の対処法

流水で10分以上よく洗いましょう(猫が水を苦手だということを忘れずに!)。

その後、水や牛乳を飲ませてよく様子を観察し、大量に誤飲した場合や何かしらの症状がある場合は、すみやかに動物病院を受診しましょう。

塩素系漂白剤を使用する場合には、十分に換気を行いましょう。

そして、誤食はペットの手の届かないところにものを置くことで対策できます。

今一度注意しましょう!

トラまりものペット講座TOPに戻る

トラまりも
トラまりも
トラまりもTwitterではペットに関する豆知識を発信中!気になる方はトラまりも(@toramarimo_blog)をフォローしてね♪
こんな記事もおすすめ