腎泌尿器・内分泌

犬の多飲多尿の5つの原因【考えられる病気とは?】

犬の多飲多尿5つの原因を徹底解説!

「犬が最近水をよく飲むのだけど、大丈夫かな?」

「水がいつも空っぽになっています!」

「犬の多飲多尿って病気だって聞くけど…」

多飲多尿(よく水を飲んで、よくおしっこをする)は、特に中高齢の犬ではよく見られる症状の一つです。

トラまりも
トラまりも
今まであまり飲まなかったのに、飲むようになってきた場合は、病気の可能性もあるよ!

この記事では、

  • 犬が多飲多尿になる原因
  • どれくらい水を飲むと飲みすぎなのか?

など、犬が多飲多尿になったときの不安や疑問を解決していきます!

トラまりも
トラまりも
3分で読める記事になっているから、「なんか最近よく水を飲むなぁ」と思ったら是非読んでみてね!

どれくらい水を飲むと飲みすぎなの?

まず、1日当たりどれくらい水を飲むと「飲みすぎ」と言われるのでしょうか。

一般的には、

体重1kgあたり、1日90ml以上飲んでいると飲みすぎと言われています。

体重3kgの子だと、1日270ml以上飲んでいると、飲みすぎという計算になりますね。

トラまりも
トラまりも
これって結構すごい量だよ。

ただ個体差があるので、おおよその目安にしてみてくださいね。

犬が多飲多尿になる原因は?

では、早速「犬が多飲多尿になる原因5つ」をそれぞれ見ていきましょう!

犬が多飲多尿になる原因として、大きく分けると、

  1. 食事の内容
  2. 環境
  3. 腎臓の病気がある
  4. 内分泌(ホルモン)の病気がある
  5. その他の病気

の5つがあります。

トラまりも
トラまりも
以下で分かりやすく説明するから、安心してね。

原因1:食事の内容はどう?

食事の内容によっても、水を飲む量は変わります。

  • ドライフード
  • 尿石を溶かす餌
  • 高ナトリウムの食餌

を与えている場合、水をよく飲むことがあります。

トラまりも
トラまりも
カリカリはウエットフードにくらべると、水をよく飲むよ。

また、尿石を溶かす餌は、塩分が若干多い傾向にあります。

理由として、水を飲ませる事により尿に結晶を出させるようにしているので、必然的に水を飲むようになります。

原因2:環境はどう?

環境によっても水の飲む量は変わります。

  • 気温が高い
  • 乾燥している
  • 何かしらのストレスがかかっている

と水をよく飲む傾向にあります。

トラまりも
トラまりも
夏場と冬場じゃ、だいぶ水を飲む量は変わるよ!普段からどれくらい飲むのか、測っておくといいね!

原因3:腎臓の病気がある

腎臓は、老廃物をおしっことして外に出す器官です。

おしっこを濃くして、過剰に水分が体外に出ないように調整しています。

腎臓の機能が落ちると、尿が薄くしか作れず、たくさん出てしまいます。

  • 慢性腎不全の多尿期
  • 腎盂腎炎
  • 腎性尿糖

などの病気の可能性があります。

おしっこがたくさん出るので、結果としてよく水を飲むようになります。

原因4:内分泌疾患(ホルモンの病気)

ホルモンの異常で、飲水量が増えることもあります。

  • 副腎皮質機能亢進症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 糖尿病
  • 尿崩症
  • 末端肥大症

などがあります。

これらは、特徴的な臨床症状で仮診断をし、ホルモンの値を測ることで診断が付きます。

それぞれみていきましょう。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

犬では最も多いホルモンの病気です。

皮膚病があったり、太った独特の体型をしていることが多いので、

「クッシング症候群かも!?」

と見ただけで分かる場合が多いです。

副腎から「コルチゾール」というホルモンが出すぎてしまう事が原因で、すごく水を飲むようになってしまいます。

甲状腺機能亢進症

高齢の猫でよく水を飲む場合は、腎不全と合わせ、これを疑うことが多いです。

甲状腺という、のどのところにある器官の機能が亢進してしまう事で、様々な症状が出ます。

甲状腺ホルモンは、「元気が出るホルモン」とも言われ、代謝が活発になることにより水をよく飲むようになります。

トラまりも
トラまりも
ただし、犬ではあまりない病気だよ。犬では反対に「甲状腺機能低下症」という病気に良くなるよ。

糖尿病

人でもよく聞く病名ですね。

インスリンという血糖値を下げるホルモンが、膵臓から出なくなることにより発症します。

おしっこに大量に糖が出るので「浸透圧」の関係で、尿も大量に出てしまいます。

トラまりも
トラまりも
漬物から水が出てしまうのと同じだよ。

尿崩症

バソプレシンというホルモンは、腎臓で水を体内に保持するように働くホルモンです。

このホルモンが出なかったり、出ていても作用しない場合は、尿がたくさん出てしまいます。

末端肥大症

成長ホルモンが多く出る病気です。

成長ホルモンはインスリンの作用を弱めたり、腎臓で塩分の吸収を亢進したりするので、尿がたくさん出る結果、水を多く飲むようになります。

原因5:その他の病気

その他の原因で最も多いのは「子宮蓄膿症」です。

子宮に膿が貯まる病気で、避妊していない中高齢の犬の約4頭に1頭がなると言われています。

トラまりも
トラまりも
中高齢のメス犬が水をたくさん飲むってなると、真っ先に疑う病気だよ!

「エンドトキシン」という細菌が出す毒素によって飲水量が増えます。

その他に、

  • 肝疾患
  • 高カルシウム血症
  • 低カリウム血症
  • 心因性多尿症
  • 多血症
  • 閉塞後利尿

などによっても水をたくさん飲むようになります。

※細かい病気の説明は別の記事でいたします!

犬が多飲多尿の場合はどうすればいいの?

まずは飲水量を測ってみましょう。

「意外とそんなに飲んでなかった!」という場合もあります。

500ccのペットボトルに汲んだ水が、1日でどれくらい無くなるのかを、3日間ほど連続で測ってみるといいです。

たくさん飲んでいた場合は、尿検査や血液検査を受けるとおおよそ原因がわかることが多いです。

いずれにしても、のどがいつも渇いているので、きれいなお水をたくさん用意してあげましょう!

【まとめ】犬が多飲多尿になる原因

犬が多飲多尿になる原因は、食事や環境などによるものと、病気での場合があります。

まずは、飲水量を測ってみて「1日当たりどれくらい水を飲んでいるのか」を把握するようにしましょう。

トラまりものペット講座TOPに戻る